【口コミ】ネットの口コミに注意!「めっちゃぜいたくフルーツ青汁」を購入レビュー!

今回は最近流行りつつある『めっちゃぜいたくフルーツ青汁』の成分を解析&今まで青汁を100種類以上は飲んできた私が独断と偏見で試飲レビューしてきます。

最初に言っておくと、この青汁はおすすめできません。っというのも青汁のクセに”ある成分”が配合されているからです。

この”ある成分”が実は「太る原因になる」と言われている成分だったりするんですよね・・・

更に価格面で見ても、どうみてもボッ◯クリにしか見えないんですよ。

ではどのような成分が配合され、どのような特徴があるのか?”ある成分”とは何なのか?青汁を飲み尽くした私が解説してきます。

本当に体に良い青汁を探しているあなたへ

同じ青汁でも、人工甘味料や糖分が配合されまくっている青汁は多いんです。
フルーツ青汁=ほぼ砂糖水!ダイエット効果が無いと言える5つの理由とは?
100種以上の青汁の飲み続けて辿り着いた、私がオススメする青汁はコレ!
【成分解析】激ウマなのに低価格!「ドクターベジフル青汁」試飲レビュー!

【成分&口コミ】めっちゃぜいたくフルーツ青汁

原料成分
還元麦芽糖水飴、大麦若葉粉末、クマザサ粉末、明日葉粉末、いちご果汁パウダー、マンゴー果汁パウダー、植物発酵物乾燥粉末、パン酵母(亜鉛、マンガン、銅、ヨウ素、セレン、クロム、モリブデン含有)、抹茶、豆乳末、有胞子性乳酸菌、メロンプラセンタ(胎座)抽出物、フルーツ野菜エキス、茶抽出物、ターミナリアベリリカ抽出物、甘藷若葉粉末、大豆胚芽抽出物、パイナップル果実抽出物、シクロデキストリン、甘味料(スクラロース、ネオテーム)、香料、ビタミンC、ヒアルロン酸、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸Ca、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンA、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12
栄養成分
エネルギー:11,7キロカロリー、たんぱく質0,15g、脂質0,03g、炭水化物2,71g、食塩相当量 0,001g
成分表は早く表記されているものほど、成分が多くなっています。つまりこの青汁でもっとも配合量が多い成分は”還元麦芽糖水飴”という甘味料ってわけですね。
うーむ。青汁なのに糖分の方が多いという時点で私からすればOUT!って感じです・・・ジュースじゃんこれ。
一応青汁成分が時点で多く配合されてはいますが、ごちゃごちゃと添加物が配合されているのも気になる所。健康食品なのに人口甘味料まで入っちゃっています(汗)
しかも!この人口甘味料の中には”太る原因になる”と言われてる成分も配合されているんですよ。
っという事で、めっちゃ贅沢フルーツ青汁の良い成分、悪い成分をフェアに解説してきますね。

めっちゃぜいたくフルーツ青汁の特徴成分とは?

1,大麦若葉

まずはコレ!本格的な青汁成分とも言えるのがこの”大麦若葉”という成分です。昔から使われている”ケール”よりも青臭さが少なく飲みやすい!という事で最近の青汁には多く採用されている成分です。

特徴としては栄養価が高い事に加え、”SOD酵素”と呼ばれる人間の老化の原因とも言われる”活性酸素低減”が期待できる成分が配合されている点ですね。

これだけで老化が防止出来る!とは言えませんが、エイジングケアを期待して飲むのはアリ!かと。

そして!それだけでは無く、ぬぁんと!”体脂肪率低減”が有意に確認出来た。という、研究データも出ているんです↓

健常者及び便秘傾向(一週間の排便回数が3~5 回程度)の成人男女32 名を対象
に、本食品を一日6 g、12 週間摂取させる連続摂取試験(オープン試験)が実施された。
その結果、摂取前と比較して、体重及びBMI は摂取4 週間後及び摂取終了4 週間後で有意な高値を示し、体脂肪率は摂取8 週間後で有意な減少が認められた。収縮期血圧及び拡張期血圧は摂取4 及び12 週間後に有意な低値が認められ、拡張期血圧は摂取終了4 週間後でも有意な低値を示した
出典:特定保健用食品評価書 大麦若葉粉末 - 食品安全委員会

これについても”大麦若葉”単体での特徴なのでフルーツ青汁を飲んで同じような効果が得られるとは考えにくいですが、”大麦若葉”自体に罪は無い。

っという事はお伝えさせていただきたいと思う。

更に!体脂肪率低減効果だけでなく”便通改善効果”も期待出来るというデータも出ていたりします↓

私自身青汁を飲み続けて、便秘などに悩んだことは一度もないのである程度、効果はあるんじゃないかな~と感じています。

2,植物発酵物乾燥粉末(181種類の酵素)

最近酵素ドリンクダイエットなどで知名度が上がりつつあるのがこの酵素。

酵素ダイエット!などという言葉が一人歩きしているので、酵素=痩せるようなイメージを持ってしまいますが、酵素で痩せる事は絶ッ対!!にありえません。

酵素と言うと特別、スペシャルな成分に感じられますが言ってみればただの”タンパク質”です。

つまり、いくら酵素を経口摂取しようが普通のタンパク質と同様に胃の中で分解され、タンパク質と同じようにアミノ酸として吸収されて終わりです。

最近はやたらと胡散臭い業者が「酵素で痩せる!」っと売り出しているので研究者の方も「酵素に効果は無い」と警鐘をならしています↓

酵素を口から飲むと、分解されるわけで、その酵素の効能が得られるという科学的根拠はどこにも存在しません。

出典:有路昌彦 近畿大学農学部准教授。京都大学農学部卒業。同大学院農学研究科博士課程修了(京都大学博士:生物資源経済学)。UFJ総合研究所

植物や動物に含まれる消化酵素と人のものは、違う場合も多く、ほとんどは消化管内でやっぱりばらばらになります。
出典:酵素ドリンクはニセ科学!信用するのはお金の無駄

今回のめっちゃ贅沢フルーツ青汁も「181種類の酵素配合!」っとデカデカと書いてますが、別に何の効果も無いですし、なぜ酵素を配合しているのか?すら意味がわかりません。

恐らく酵素と書いておけば、消費者が勝手に「痩せそう」っと妄想してくれるのを期待して配合しているかと思われます。っというかそれしか考えられない・・・

3,メロンプラセンタ(胎座)抽出物

美容成分として注目を集めているのが”プラセンタ”という成分。動物の胎盤から抽出される事が多い成分ですが、植物から抽出されることもある成分です。

で、本当に効果があるのか?!という点ですが、一応プラセンタを経口摂取することでお肌の水分量が上昇したという研究データもあったりします↓

●角層水分量と皮膚弾力性が向上
経口摂取前と比較して、角層水分量は4週間後、12週間後ともに改善しました(図1)。皮膚弾力性についても、4週間後に上がり12週間後も効果が続いています(図2)。これはプラセンタ抽出物中のオリゴペプチドなどの成分が皮膚の水分や弾力性を高めると同時に、真皮線維芽細胞でコラーゲン合成を促進するためと考えられます。

出典:プラセンタ抽出物(粉末)の経口摂取による肌への有効性を確認

ただ、このデータはプラセンタを販売している業者自ら発表しているデータなので、やや信憑性が・・・

いずれにしても、この青汁には対して配合されていないと予測されるので、体感で効果を感じるのは難しいかと思います。

どうしてもあなたがプラセンタが気になる!と言うならプラセンタのサプリでも飲んだ方がよっぽど期待出来るかと思いますよ。そっちの方が安いですし。

4,ネオテーム(人口甘味料)

デデデッデター!!人口甘味料!!冒頭でお伝えした”ある成分”とはコレのことです。

なぜ健康食品である、青汁にこのような人口甘味料を配合しちゃったのか?理解に苦しみますね(汗)

砂糖の1万倍もの甘みがあり、カロリーはほぼ0なのでこのようなダイエット系の食品などに配合されることが多い成分です。

しかし!カロリー0に近いのですが、実は逆に人口甘味料を摂取すると「肥満になる」可能性があるという話は有名ですね。

ネオテームやアスパルテームのような人工甘味料は、ダイエットには役立ちません。むしろ肥満になると言います。

人工甘味料は、糖分ではない為、血糖値は上昇しません。カロリーはほぼありません。しかし、脳は糖分が入って来たと判断するので、インスリンを分泌させてしまいます。インスリンには、脂肪の合成を促したり、脂肪の分解を抑える働きがある為、インスリンが分泌されると太りやすくなります。その上、カロリーがほぼない為、エネルギーに変換することが出来ず、低血糖になり、体はエネルギーを求めるようになります。結果、食欲が増進され、過食に走って、太っていきます。
出典:ネオテームは危険度MAXな人工甘味料か!?安全性は?

通常糖分を摂取すると脳は「栄養が補給できた!」っと満足し満腹感が得られますが、人口甘味料の場合はほぼカロリー0。

なので、「甘いの来たぞー」っとインスリンは分泌されるのですが、肝心の栄養分が補給されないので、食欲が暴走する・・・っというわけです。

うーむ。ダイエット目的でカロリー0を選ぶのに、逆に太る可能性があるなんてなんと皮肉な・・・

成分の総評

成分表を見ると大麦若葉粉末、クマザサ粉末、明日葉粉末と言った青汁成分がしっかり配合されているのは好印象。

フルーツ青汁の中にはたった1つの成分をちょっぴり配合しているだけのものもありますからね・・・

ただし!余計なものがゴチャゴチャぶち込み過ぎぃ!っというのが私の心からの本音です。

健康食品のクセに太る可能性がある”ネオテーム”が配合されていたり、効果なんてほぼない酵素を入れてみたり、、、っと実際の効果よりも話題性を集めるためにアレコレ配合しているようにしか見えませんでした(汗)

しかも、青汁成分よりも多く配合されているのが”麦芽糖”という糖分ですし。

ネット上のレビューを見ると広告費目当てに「痩せた!」みたいな声もありますが、この青汁だけで痩せるっということは120%無いい。強く伝えさせて頂きたい。

※上記の成分&口コミはあくまでも成分の特徴を紹介しており、商品の効果を保証しているわけではないのでご注意くださいね。

【試飲レビュー】独断と偏見まみれの”味”評価。

成分と同じくらい重要なのが”味”です。いくら配合成分が素晴らしくても(この青汁は成分すら微妙だけど)味が悪かったら続けることができません。

続けられない青汁に意味はない!っという事で、今まで青汁を100種類以上は飲んできた私が独断と偏見まみれの試飲レビューをしてきたいと思います。

まずはパッケージ。1つ1つの袋にちゃんと商品名が書かれています。当たり前だけど。コップに粉を注いでみるとやはり、色は薄い。ただ、粒子は細かいのでかなり溶けやすそう。

まぜまぜしてみると、、、うん。予想通りかなり溶けやすい粉です。

成分的には青汁よりも麦芽糖の方が多いので、うすーい緑になるだろうな。。。っと思いきや意外と本格的な色味。

まずは香りを嗅いでみると・・・パイナップル系の美味しそうな香りがふわ~っと漂っております。笑

この商品にかなり近い『めっちゃたっぷりフルーツ青汁』の時は香りからして、人工的な香料が強烈でした↓
【成分&口コミ】まだ買うな!「めっちゃたっぷりフルーツ青汁」を試飲レビューした結果・・・

が!今回のめっちゃ贅沢フルーツ青汁(紛らわしい)は人口的な感じは殆ど無く、本当に美味しそうなパイナポーの香りです。

そして、肝心の味ですが、、、美味いッ!!笑

正直、「甘ったるくてマズイ!」っとぶっ叩きたかった気持ちがありましたが、味は普通に美味しいです。

やや薄味なもののほのかな甘味の中に、パイナップルとりんごの旨味がふわ~っと口に広がってきます。

悔じいぃぃ!けど、青汁の飲みやすさで言えば間違いなく3本の指に入るであろう飲みやすさです。これは認めざるを得ない。

最後に辛口妻にも試飲レビューしてもらいました。

辛口妻のレビュー
思ったよりも味薄い!けどりんごの味が美味しいので絶対続けられると思う。

りんごの味が美味い!っと感じたみたい。私はパイナップルの味の方が強く感じたのですが・・・

ただ、続けられる味というのは私も妻も意見が一致しました。あくまでも、”味”だけの評価ですが(汗)

コスパは良いの?価格を徹底調査

いくら飲みやすくても、価格が高けりゃ続けられない!続けられなければ意味がない!っという事で価格を徹底調査しました。

めっちゃ贅沢フルーツ青汁は通販専用商品になっています。が!コレが鬼のように高い。ハッキリ言ってボッ◯クリ価格。

商品名 めっちゃぜいたくフルーツ青汁
価格 通常購入:8960円

1杯辺り:298円

2回目以降:4480円

1杯辺り:149円

初回価格:1180円

1杯辺り:39円

※ 全て税別

容量 3g×30袋

まず驚くべきは30袋でなんとッ!!通常価格8960円!!金でも入っているのかな?(入ってません)

一杯辺りの価格は約300円!!ドトールでコーヒーが飲めちゃいます。

「一体どこにそんなコストがかかっているのか?」成分を見る限り理解が出来ません。

が、恐らく芸能人やモデルなどを起用するのに莫大な広告費がかかっているので、このような価格に設定されているのかと思われます。

ただ、定期コースで購入すると初回は1180円で購入することが可能。うーむ、8000円近くも値引きされると逆に胡散臭く感じてしまうのは私だけだろうか?

そして、2回目以降は4480円、一杯149円で購入し続けることが可能なので、青汁としてはやや高めくらいで続けることは可能です。

「おおちょっと安い気がしてきた!」っとい人もいるかもしれません。が、まだ待ってください。

っというのもこのフルーツ青汁には暴挙とも言える「6回以上継続縛り」があるんです・・・

つまり、一旦定期コースを購入してしまったら、どんなにマズく感じても、効果を感じられなくても6ヶ月は続けないといけないってことですね。

定期縛りがある青汁もいくつか見てきましたが、半年も縛る青汁なんて見たことありません。(汗)

一応、返金保証もついているのですが、なんと!返金保証は商品到着からたったの10日以内のみ。

「効果を感じて頂くために、6ヶ月以上の継続をお約束頂いております」っと書いてあるのに返金保証期間は、絶対に効果が感じられないであろう10日以内ってなんか言っている事が矛盾していませんかね?

少なくとも私には誠意ある商品だとは思えませんでした。

【結論】飲みやすいのは確かだが、絶対におすすめは出来ない。

味だけで見たら青汁の中ではトップクラスに飲みやすいです。それは間違いない。

ただ、成分を紐解いていくと一番配合量が多いのは麦芽糖という甘味料ですし、太る可能性があるという人工甘味料までも配合されている。

更に効果なんてほぼ無い酵素をとりあえず配合している。って考えると私には”青汁風のジュース”にしか思えません。

しかも通常価格が9000円って・・・もう滅茶苦茶です。こんな高価な青汁みたことありません。笑

定期コースについても上辺だけ安さを強調していますが、実態は6ヶ月縛りなど消費者に不利益な契約ですし全然誠意のある企業に感じられないっというのが私の本音ですね。

もし、あなたが本当に「ダイエット目的」や「健康目的」で青汁を飲むのだったら、甘味料が一番多く配合されているものではなく、人工甘味料が配合されているものでもなく、青汁成分が主成分の飲みやすい青汁を選ぶべきです↓
⇛アフィリンク

何を選ぶのか?はあなたの決断になりますが、少なくとも私は家族や友人がこの青汁を検討していたら間違いなく全力で止めに入ると思います。

ではめっちゃ贅沢フルーツ青汁が気になっている方は参考の1つにして頂ければ幸いですm(_ _)m

本当に体に良い青汁を探しているあなたへ

同じ青汁でも、人工甘味料や糖分が配合されまくっている青汁は多いんです。
フルーツ青汁=ほぼ砂糖水!ダイエット効果が無いと言える5つの理由とは?
100種以上の青汁の飲み続けて辿り着いた、私がオススメする青汁はコレ!
【成分解析】激ウマなのに低価格!「ドクターベジフル青汁」試飲レビュー!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事