【口コミ】効果なし?「プラセンタ入り輝きの青汁」は中級者向けの味でした。

青汁にしては珍しく、プラセンタ配合しているというのが今回の『プラセンタ入り輝きの青汁』

青汁を飲みながら美容効果も感じられるなら最高ゥ!!なんですが、プラセンタを経口摂取して本当に効果が感じられるのか?はちょっと微妙なんですよね(汗)

っという事でプラセンタ青汁に「どんな成分が配合されていて、どのような特徴があるのか?」成分&口コミ&青汁を飲み尽くした私が「本当に飲み続けられる味なのか?」を試飲レビューしてきます!

本当に体に良い青汁を探しているあなたへ

同じ青汁でも、人工甘味料や糖分が配合されまくっている青汁は多いんです。
フルーツ青汁=ほぼ砂糖水!ダイエット効果が無いと言える5つの理由とは?
100種以上の青汁の飲み続けて辿り着いた、私がオススメする青汁はコレ!
【成分解析】激ウマなのに低価格!「ドクターベジフル青汁」試飲レビュー!

【成分&口コミ】プラセンタ入り輝きの青汁

原料成分
デキストリン、大麦若葉、ケール末、抹茶末、ゴーヤ末、水溶性食物繊維、イソマルトオリゴ糖、プラセンタエキス末(シクロデキストリン、環状オリゴ糖)、乳酸球菌、アラニン、アルギニン、アスパラギン酸Na、シスチン、グルタミン、グルタミン酸Na、ヒスチジン、イソロイシン、ロイシン、リジン塩酸塩、メチオニン、フェルニアラニン、ブロリン、セリン、トレオニン、トリプトファン、チロシン、グリシン、オルニチン塩酸塩、シトルリン、バリン
栄養成分
エネルギー 388kcal たんぱく質 5.3g 脂質 1.8g 糖質 65.5g 炭水化物 87.6g 灰分 2.4g ナトリウム 12.3mg
※100g辺り
成分表に着目してみると、青汁としては珍しく最も多い成分が”大麦若葉”や”ケール”ではなくデンプンの1種である”デキストリン”になっていますね。
食品は早く表示されているものほど、配合量が多くなっているので、デキストリンが最も配合量が多いということになります。
本格的な青汁の場合、最も早く記載されるのが”大麦若葉”か”ケール”なのですが、、、今回のプラセンタ青汁は「飲みやすさ重視」の為なのか?なぜかデキストリンがメインの成分。
う~ん。本格的な青汁が飲みたい!っという人には向いていないような気はします。
ただ配合されている成分は間違いなく本格的な青汁に含まれる成分と同じなので、特徴を解説してきますね!

朝のフルーツ青汁の特徴成分とは?

1,大麦若葉

デキストリンの次に多く配合されているのが、この”大麦若葉”という大抵の青汁に配合されている成分です。

栄養成分的にもビタミンやミネラルなどかなり豊富に配合されているのは当たり前。

それだけじゃあなく、”SOD酵素”という人間の老化の原因の1つである”活性酸素”を低減してくれる成分も配合されているんです。

まあ、もちろんだからと言って、青汁を飲んだだけでみるみる若返る!

なんてことはありませんが、「翌日の疲れがなくなった!」っというような口コミは結構見ますので、ある程度は期待してもいいのかなぁとは思いますね。

そして大麦若葉はそれだけじゃあ無く、”体脂肪率低減”をサポートしてくれる!という研究データもでているんです↓

健常者及び便秘傾向(一週間の排便回数が3~5 回程度)の成人男女32 名を対象
に、本食品を一日6 g、12 週間摂取させる連続摂取試験(オープン試験)が実施された。
その結果、摂取前と比較して、体重及びBMI は摂取4 週間後及び摂取終了4 週間後で有意な高値を示し、体脂肪率は摂取8 週間後で有意な減少が認められた。収縮期血圧及び拡張期血圧は摂取4 及び12 週間後に有意な低値が認められ、拡張期血圧は摂取終了4 週間後でも有意な低値を示した
出典:特定保健用食品評価書 大麦若葉粉末 - 食品安全委員会

この手の体脂肪率が減りました!という研究結果って「実は研究用のマウスやラットを使いました」という場合が多いんです。

が、この研究発表によると32人の男女が被検体ということなので、ある程度信憑性が高いと言えるかと。

更に更に!体脂肪率低減効果だけじゃあ無く、”便通改善”をサポートしてくれるという研究結果もでているんです↓

もちろん、体質や環境などによって大きく左右されるので全ての人が便秘改善される!とは言えません。

ただ、青汁を飲み続けている私や妻はたったの1度も便秘で悩んだことなど無いので、この実験結果もあながち嘘じゃないな・・・っという気はしています。

2,ケール末

青汁の王者的な成分がこちらのケール成分です。特徴としては栄養価が豊富なのはもちろんなのですが・・・

”とにかく味にクセがある”っという点ですね(汗)「マズイ!もう一杯!」っとCMで白昼堂々と潔く流しちゃうほど、クセがあります。笑

こちらについても”大麦若葉”よりも更にクセがある味なのですが、こちらについても”メタボ改善をサポート”してくれるという研究データが発表されていたりします↓

出典:生活習慣病に対するケール青汁の効果について

単にメタボ改善されただけじゃなく、コレステロールも有意に低下した、、、

というデータなのですがこちらはぬぁんと!30歳から80歳までの80名が被験者なので、かなり信憑性が高そうなデータなんです。

どんだけ万能なんだ、青汁・・・

3,プラセンタエキス末

最後に解説するのがプラセンタ青汁の目玉的成分とも言えるのが”プラセンタ”。

胎盤由来の成分でこの青汁は”豚の胎盤由来プラセンタ”を配合しています。美白効果や滋養強壮に良い!っとされる成分なのですが、客観的な実験データなどはほぼ無いんですよね(汗)

一応、3時間ほど泣きながら探して”更年期症状が軽減する”という発表も見つかりましたが↓

試験結果
簡略更年期指数の総合計スコアは、「ブタプラセンタエキス300 mg/日群」において、8週及び12週後に、摂取開始前に比し有意に改善しましたが、「プラセボ群」においては有意な改善はみられませんでした。12週後においては群間での有意差も認められました。

出典:ブタプラセンタエキスの経口摂取に軽微な更年期症状の改善作用を確認

更年期症状はかなり個人差がある症状ですし、不安定なので実験で効果があるのかを正確に測定できるのか?がちょっと微妙な気が・・・(汗)

更に別の情報源ではプラセンタを「経口摂取しても、効果は得られない」っと公表しているところもあります。↓

有効とされる成分も明確になっておらず、仮にあったとしても経口摂取ではペプチドホルモン、酵素、成長因子、サイトカインは消化管で分解されてしまうとされている
出典:プラセンタ Wikipedia

あくまでも私見ではありますが、プラセンタを経口摂取しても、それほど効果を体感するのは難しいような気がします。

青汁を飲んでいるだけでお肌がプルプルになれば最高!ですが・・・うーん。直接お肌に塗るわけじゃないしなぁ・・・

成分の総評

飲みやすさ重視の為に青汁成分よりもデキストリンを多く配合し、”大麦若葉””ケール”などの青汁成分を配合。

更に他社の青汁と差別化するために”プラセンタ”や”ゴーヤ”などを配合しているって感じですね。

むぅぅ。。。悪くは無いんですが、デキストリンが一番多い成分なのがやや気になる所。

その他の成分に関しても多く配合すればするほど、肝心の青汁成分が少なくなるという事なので、あなたが「本格的な青汁を飲みたい」と言うならこの青汁じゃなくても良いかと。

プラセンタを経口摂取しても効果があるとは限りませんし、できれば”大麦若葉”や”ケール”を多く配合して欲しい所です。

※上記の成分&口コミはあくまでも成分の特徴を紹介しており、商品の効果を保証しているわけではないのでご注意くださいね。

【試飲レビュー】独断と偏見まみれの”味”評価。

そして!成分と同じくらい超重要なのが”味”です。いくら素晴らしい成分が配合されていようと、味がマズかったら続けることができません。

続けられない青汁に意味はなしッ!!と言うことで、青汁を飲み尽くした私が独断と偏見まみれの試飲レビューをしてきます。

まずはパッケージ。デカデカと「プラセンタ入り」っと書かれています。効果があるかどうかは不明だけど↓コップに粉を出してみると、やはりデキストリンの配合量が多いのか、薄緑の粉でした↓

そして、一生懸命混ぜているのですが、結構混ざりにくい(汗)

頑張って混ぜたのですが、表面にふわふわ何かが浮遊しております。プラセンタかな?

横から満た図がこちら。本格的な青汁よりもやや薄めの緑。フルーツ青汁ほどじゃないですけどね。

そして、肝心の味!ですが

まず、コップに口を付ける前に感じるのが、ほんの~り香る青臭さ。ただ、青臭さを感じると言っても、飲みにくい青汁に比べれば本当にうっすらで、気になるほどじゃありません。

口に含んでみると、1瞬ですが青汁特有の青臭い味が口に広がりました。ただ、やはり飲みやすさ重視なのか味は薄め。

液体もサラッとしていて、飲みにくい青汁に比べるとすっきりしていて飲みやすいです。決してウマい!とは言いませんが、今まで飲んできた青汁の中では中の上くらいかな。

最後に辛口妻にも試飲レビューしてもらいました。

辛口妻のレビュー
マズイけど、まだマシ!続けるのは難しいかも・・・

 

甘党なので飲みやすい青汁でもやや厳しかった模様。

私的には続けられるは続けられるが、牛乳と一緒に飲むなど工夫しないと「段々飲まなくなっていきそうな味だな」といいのが正直なところ。

コスパは良いの?価格を徹底調査

いくら飲みやすくても、価格が高けりゃ続けられない!続けられなければ意味がない!っという事で価格を徹底調査しました。

プラセンタ入り輝きの青汁は一般的なスーパーなどで購入できるのか?がちょっと不明でした(汗)

ただ、楽天やAmazonなどの通販系サイトでは普通に購入できる模様で、最も安く買えるのは楽天のようです。

商品名 プラセンタ入り輝きの青汁
価格 通常購入:約1500円

1杯辺り:約50円

※ 全て税別

容量 3g×30袋

私が記事を執筆している時点ではAmazon価格だと1800円程度。楽天だと送料無料で1,500円程度と、楽天の方が安い価格設定のショップが多かったです。

もし、1500円で購入するとすれば30袋入りなので一杯あたりは50円くらい。うん!これは安い!

コストパフォーマンスについては悪くないですし、一般的な通販系青汁が一杯100円くらいっということを考えればかなり安い部類に入るかと。

もし、あなたがコスパ重視なら、試して見る価値はアリ!かと思いますよ。ただし!価格は変動する可能性があるので、必ず価格チェックしてから購入するようにしましょうね!

【結論】中級者向けの味。価格は安いが本格的な青汁では無い。

価格については文句の付け所がありません。一杯50円は間違いなくトップクラスで安価だといえます。

味に関してはマズッ!っと叫ぶほどじゃあ無いですが、ケールと大麦若葉特有の青臭さはありますので中級者向けかなぁと言うのが私が飲んだ感想です。

ケール100%のガチ青汁よりはマシですが、初めて青汁を飲む!っという人は厳しい場合もあるかも。

そして私が一番気になるのはデキストリンが最も配合量の多い成分という所ですね。

成分表だけじゃあ、正確な成分量はもちろんわかりませんが、最初に表記されているのがデキストリンということは、青汁成分よりもデンプンの方が多く配合されているという事です。

う~ん。最も多く配合されているのがデンプンっというのは、青汁と呼んで良いのか?微妙な気もします。(汗)

もし、あなたが私のように「本格的な青汁が飲みたい!」ッと言うなら”大麦若葉”や”ケール”が最も多く配合されている青汁を選択するべきかと思います。

成分が気にならないという方は一度試してみる価値はあると思いますよ!

プラセンタ青汁が気になっている人はぜひ参考にしてみてくださいね

本当に体に良い青汁を探しているあなたへ

同じ青汁でも、人工甘味料や糖分が配合されまくっている青汁は多いんです。
フルーツ青汁=ほぼ砂糖水!ダイエット効果が無いと言える5つの理由とは?
100種以上の青汁の飲み続けて辿り着いた、私がオススメする青汁はコレ!
【成分解析】激ウマなのに低価格!「ドクターベジフル青汁」試飲レビュー!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事