【口コミ】飲みやすいが注意点も「太田胃散 桑の葉青汁」購入レビュー!

今回は太田胃散が販売している『太田胃散 桑の葉青汁』の成分を解析&味をレビューしていきます!

1876年に創業の太田胃散が販売している青汁なので、かなりの安心感があります。

が!青汁を100種以上飲んだ私からすると、正直かなりかなり味にクセがあるんですよね・・・

っという事で桑の葉青汁はどんな人に向いて、どんな人には向いていないのか?!徹底解説してきたいと思います。

本当に体に良い青汁を探しているあなたへ

同じ青汁でも、人工甘味料や糖分が配合されまくっている青汁は多いんです。
フルーツ青汁=ほぼ砂糖水!ダイエット効果が無いと言える5つの理由とは?
100種以上の青汁の飲み続けて辿り着いた、私がオススメする青汁はコレ!
【成分解析】激ウマなのに低価格!「ドクターベジフル青汁」試飲レビュー!

【成分&口コミ】すっきりしっかり太田胃散 桑の葉青汁

原料成分
桑の葉粉末、抹茶デキストリン、ほうじ茶エキス末、乳たんぱく質/グァーガム
栄養成分
エネルギー 6.14kcal たんぱく質 0.28g 脂質 0.11g 糖質 0.74g 食物繊維 0.54g ナトリウム 0.13mg カルシウム 29.4mg
カリウム 31.0mg マグネシウム 4.1mg 葉酸 7.8μg
青汁成分と言うと、ケールや大麦若葉が多いですが、商品名の通り”桑の葉粉末”がメイン成分になっています。
桑の葉成分に加えて、風味付けの為に抹茶やほうじ茶エキスを配合していると言う感じで、多くの青汁に配合されている糖分などは配合されていません。
これは好印象。最近流行りのフルーツ青汁青汁なんかはこれでもか!ってほど糖分や人工甘味料などの添加物のオンパレードですからね(汗)
ただこちらは成分が純粋な分、ちょっとマズそうな雰囲気はプンプン漂っていますね・・・笑
では、どのような成分が配合され、どのような特徴があるのか?解説してきます!

太田胃散 桑の葉青汁の特徴成分とは?

1,桑の葉粉末

最も配合量の多い成分がこの”桑の葉粉末”です。最近の青汁は比較的味飲みやすい”大麦若葉”が使われる事が多いです。

が!その大麦若葉よりも味に関してはかなりクセがある味です(汗)もし、あなたが青汁初心者さんならちょっと厳しい味かもしれません。

ただし!良薬は口に苦しと言うように、大麦若葉やケールよりも何倍もの栄養分が豊富だと言われています↓

出典:太田胃散 桑の葉青汁

正に天然のエナジードリンク!

更にこれだけでなく、糖尿病予防効果にも注目が集まっています。もちろん、これは私が適当にお伝えしているわけじゃあ無く、血糖値が抑えられたというデータもあるんです↓

出典:1-デオキシノジリマイシン高含有桑葉エキスは食後の血糖値上昇を抑制する

ただし!個人の体質や生活環境で大幅に変わるので、同じような効果が期待できるとは限りませんのでその点は注意。

2,デキストリン

とうもろこし等のデンプンを加工した食物繊維で、安全性は高い成分。

このような粉状も食品を溶かしやすくするためによく配合されている成分です。ただ、後述しますがこの桑の葉青汁はめっっちゃ溶けにくいです(汗)

3,乳たんぱく質/グァーガム

パッケージにでかでかと書かれているMBPの正体はコレ。雪印メグミルクが長年の研究の末抽出することが可能になった希少なたんぱく質。

っということなのですが、これを飲用することによってどんなメリットがあるのか?はちょっと分かりませんでした(汗)

雪印の公式サイトを除いても、「牛乳全体の0,6%しかありません」とか「人のからだにさまざまにはたらく成分が含まれている」と言った抽象的な言葉しか書かれていないんですよね。

恐らく完全な私の妄想でしか無いですが、質の高い骨づくりを助けてくれると言う感じかなぁと。。。ただ、客観的な資料なども無いので過度の期待は禁物かと思います。

成分の総評

ケールなどよりも栄養価が数倍高い”桑の葉”をベースに抹茶やほうじ茶で風味付けし、MBPというたんぱく質を配合しているという感じ。

うん!最近のフルーツ青汁のように余計な添加物は配合されていないですし、あなたが本格的な青汁が飲みたい!というなら、間違いなくおすすめできる成分配合だと言えます。

しかも桑の葉などの原料はちゃんと国産で安心。

ただし!次項で説明しますが、やはり桑の葉はかなりクセがある味なんです・・・ちょっと青汁は初心者さんには向いていないかも(汗)

※上記の成分&口コミはあくまでも成分の特徴を紹介しており、商品の効果を保証しているわけではないのでご注意くださいね。

【試飲レビュー】独断と偏見まみれの”味”評価。

成分と同じくらい重要な点が味!です。いくら成分が優れていようと、味がマズければ続けられません。

たった1杯青汁を飲んだだけじゃあ、何も意味がありませんので「続けられない青汁に何の意味もない!」っと言うのが私の理念です。

っという事で青汁を100種類以上飲んできた私が独断と偏見で試飲レビューしていきたいと思います!

まずはパッケージとチェック。太田胃散と書かれていると胃薬のように感じてしまう。

コップに粉を出してみると、ケール青汁なんかと違って薄めの緑色です。

混ぜまぜ。規定の量の水を入れてかなり混ぜているのですが、かなり混ざりにくい!!

溶かし終わったコップを上から見るとこんな感じ。まぜ終わった直後なのに既に粉が沈殿しちゃっております・・・

横から見てみるとこのようにデカイつぶつぶが浮遊しています・・・これを飲むのか(汗)

混ぜ終わって、ちょっと時間を置くとこのように沈殿しまくります。基本、コップをくるくる回しながら、飲まないとダメみたい。

うむむ・・・今まで数々の青汁を見てきましたが、トップクラスというかダントツで溶けにくいです(汗)

一回混ぜるのは大した労力じゃないんですが、365日毎日飲むとなるとこの溶け辛さは致命的です・・・

気を取り直して香りを嗅いでみると、、、お茶ぽい香りでケールなどと違い青臭さは皆無。

青汁によっては香りが強烈に生臭いものもあったりするのですが、今回の桑の葉青汁は嫌らしい匂いは一切し無いのがGOOD。

口に入れて見ると、、、ぐほッ!やはり溶けにくいのか?ドロドロッっとした液体が舌と喉を通過する感触が不快。

そして、肝心の味ですが、クッ!かなりクセのある味です・・・

決してマズイ!ってほどじゃあないのですが、何というかちょっと土っぽいような風味のお茶という感じの味です。

味はガマンできるのですが、何と言ってもドロッっとして喉ごしがかなり上級者向けに感じました。

最後に辛口妻にも試飲レビューしてもらいました。

辛口妻のレビュー
お茶のような味と匂い。すぐに沈殿するのが気になる。

妻的には濃いお茶っぽい味と感じたらしい。私的にはお茶よりも明らかにマズ・・・クセがあると思ったのですが、妻的には飲みやすい方みたいです。笑

ただ、やはりドロっとした喉ごし感が気になると言う点では、意見が一致しました。

コスパは良いの?価格を徹底調査

そして味、成分と同等に重要なのが”価格”です。いくら味成分が合格レベルでも”価格”が高すぎれば私のような一般ピープルには続けられません。

っという事で太田胃散桑の葉青汁の価格がコチラ↓

商品名 太田胃散 桑の葉青汁
価格 通常購入:6000円

1杯辺り:100円

定期便価格:2100円(送料無料)

1杯辺り:35円

※ 全て税別

容量 2g×60袋

通常価格が一見すると6000円もするので高ッ!っと感じてしまいます。が!内容量が他の青汁の2倍ほどあり一箱60包も入っています。

なので、一杯辺りの価格は100円。この手の本格青汁にしては高くも安くも無い価格設定ですね。

しかし!定期便購入の場合は65%OFFの2100円で続ける事が可能なんです。一杯辺り35円ともはや駄菓子屋レベルの安さ。

しかも送料無料!これは本格青汁としてはかなり安めな部類に入る価格設定かと。

あえて、ケチをつけるとすれば内容量が2gと他の青汁よりも少なめな点くらいでしょうか・・・(大体他の青汁は3g~)

っと言っても、2gでもなかなか濃い味でしたし、デメリットといえる程じゃないかなぁと思いますね。

⇛【送料無料】65%OFF!太田胃散 すっきりしっかり桑の葉青汁

【結論】成分価格は文句なし!喉ごしは上級者向けか。

流石は太田胃散!っと叫びたくなるほど、素晴らしい配合成分+良心的な価格でこの2つについては何も文句の付け所はありません。

ただし!ちょっと気になるのが味と喉ごしですね。味については個人で感じ方が変わってくると思いますが、ドロッっとした喉ごしはかなり上級者向けかと思います(汗)

もし、あなたが完全に青汁初心者さんだったら、この喉ごしはちょっとキツイかも・・・

あなたが青汁に飲み慣れていて、「より本格的な青汁を飲んでいきたい!」と言うならアリだと思います。

逆にこれから青汁を初めて飲むという方は、まずはもっとサラッとした喉ごしの飲みやすい青汁を断固としておすすめします。

初めて飲んだ青汁がマズッっと感じちゃった場合、青汁自体トラウマになる可能性もありますので(汗)

太田胃散の桑の葉青汁が気になっている人はぜひぜひ参考にして頂ければ幸いですm(_ _)m

本当に体に良い青汁を探しているあなたへ

同じ青汁でも、人工甘味料や糖分が配合されまくっている青汁は多いんです。
フルーツ青汁=ほぼ砂糖水!ダイエット効果が無いと言える5つの理由とは?
100種以上の青汁の飲み続けて辿り着いた、私がオススメする青汁はコレ!
【成分解析】激ウマなのに低価格!「ドクターベジフル青汁」試飲レビュー!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事