【口コミ】心の底からおすすめ!「オーガニックモリンガの恵み青汁」を購入レビュー!

今回はロート製薬さんが販売している『オーガニックモリンガの恵み青汁』の成分を解析&本当に飲み続けられる青汁なのか?!を評価していきます!

最初に言ってしまうと、私自身100種以上の青汁を飲んできた中でトップレベルにオススメできる青汁だっ!っという事はお伝えさせていただきたい。

っというのも”成分””味””価格”のバランスが本当にガチのマジで優れているからです。

では一体何が優れていて、どのような人が飲むべき青汁なのか?!青汁オタクの私が全部赤裸々に綴っていきたいと思います!

本当に体に良い青汁を探しているあなたへ

同じ青汁でも、人工甘味料や糖分が配合されまくっている青汁は多いんです。
フルーツ青汁=ほぼ砂糖水!ダイエット効果が無いと言える5つの理由とは?
100種以上の青汁の飲み続けて辿り着いた、私がオススメする青汁はコレ!
【成分解析】激ウマなのに低価格!「ドクターベジフル青汁」試飲レビュー!

【成分&口コミ】ロート製薬 オーガニックモリンガの恵み青汁

原料成分
大麦若葉、ケール粉末、デキストリン、オレンジ果汁、有機モリンガ葉、リンゴ繊維、オリゴ糖、マンゴーピューレ、抹茶、でん粉、バナナパウダー、イチゴ抽出物、乳酸菌末、植物性乳酸菌/香料、微粒二酸化ケイ素、リン酸Ca、安定剤(増粘多糖類)、甘味料(ステビア、ラカンカ)、乳化剤
栄養成分
エネルギー:9kcal、 たんぱく質:0.50g、 脂質:0.13g、 炭水化物:1.97g (糖質:1.15g、 食物繊維:0.82g)、 食塩相当量:0.007g、 鉄:0.30mg、 マグネシウム:3.87mg、 カルシウム:27.9mg、 ビタミンA:10.0μg、 ビタミンC:2.88mg、 ビタミンE:0.21mg、 葉酸:15.6μg
成分表を見ると”大麦若葉”という青汁成分が最も配合量の多いメイン成分になっていますね。「青汁なんだから、青汁成分がメインなのは当たり前じゃんッ!」っとあなたは思うかもしれません。
しかし!最近は青汁ブームなのもあって、飲みやすい系の青汁の中には実はほんのちょっぴ~りしか、青汁成分が配合されていない商品も多いんです。
例えば、最近女性をターゲットに煽り売りまくっている”フルーツ青汁"
実は成分表を見ると糖分が最も配合量の多い成分になっていて、”アスパルテーム”などの人工甘味料までも配合されているものが多いんですよね(汗)
では今回のモリンガの恵み青汁に配合される特徴成分はどのようなものなのか?1つずつ解説していこうと思います。

オーガニックモリンガの恵み青汁の特徴成分とは?

1,大麦若葉

モリンガ青汁というネーミングではありますが、最も配合量の多い青汁成分は”大麦若葉”になっていますね。

最近の飲みやすい系青汁に多く採用される青汁成分で、ケールなどの青クッサイ青汁成分よりも臭みが少ないので殆どがこの”大麦若葉”になっています。

特徴としては老化現象の一因と言われている”活性酸素”を抑えてくれる”SOD酵素”を多く含んでいるのが1つ。

そして!私のようなメタボさんに嬉しいのが”体脂肪率減少”が有意に認められたという研究結果です。

健常者及び便秘傾向(一週間の排便回数が3~5 回程度)の成人男女32 名を対象
に、本食品を一日6 g、12 週間摂取させる連続摂取試験(オープン試験)が実施された。
その結果、摂取前と比較して、体重及びBMI は摂取4 週間後及び摂取終了4 週間後で有意な高値を示し、体脂肪率は摂取8 週間後で有意な減少が認められた。収縮期血圧及び拡張期血圧は摂取4 及び12 週間後に有意な低値が認められ、拡張期血圧は摂取終了4 週間後でも有意な低値を示した
出典:特定保健用食品評価書 大麦若葉粉末 - 食品安全委員会

8週間もの長期間大麦若葉青汁を摂取し続けた所、被験者さんの体脂肪率減少などが認められたとのこと。

ただし!やはり当然ではありますが青汁を飲んでいる”だけ”じゃあちっとも痩せません。(汗)

私自身、青汁だけに頼っていた時期もあるのですが、全く痩せませんでしたので・・・あくまでも他のダイエットのサポート的に飲み続けるのがBESTかと。

そして!もう一つの嬉しい効果が”便通改善”が有意に認められた。という研究結果です↓

こちらについてもあなたの体質や生活習慣によって、大きく変わる項目なので「飲むだけで改善される!」とは言えません。

が!私自身は青汁を飲み続けてたったの1度も便秘などに悩まされた事が無いので、ある程度効果あるのかなぁ~っと思って飲み続けることにしています。笑

2,ケール粉末

青汁と言ったら”ケール”!っというくらいメジャーな青汁成分だったのですが、青臭さが強めなので最近は配合されない青汁も多くなってきちゃいましたね。

テレビのCMで「マズイ!もう一杯!」っと真っ昼間から流してしまうほど、マズさが強調されていた成分。

それほど強烈な青臭さがあるのが特徴の野菜成分なのですが、最近の青汁はケールのものであっても、割と飲みやすいもの多くなっています。

そして!特徴としては何と言っても栄養素が豊富!という点ですね↓

出典:http://kyusai-tsp.com/item/1.html

更にもう1つの嬉しい実験結果がコチラ↓”メタボ改善が有意に認められた”というデータです。

・試験食品/キューサイのケール青汁(粉末タイプ)分包を1日2包(7g×2包=14g)摂取。
出典:生活習慣病に対するケール青汁の効果について

ケール100%の青汁を飲み続けた所、中性脂肪値やコレステロール値などが有意に低下した!とう研究データが発表されています。

あくまでも、ケール100%の青汁を飲み続けた場合のデータなので、今回のモリンガの恵みに当てはまるとは言い難いですが・・・

過度に期待せず、サポート的に飲み続けるならまあありかなと思います。

3,有機モリンガ葉

モリンガの恵みで最も特徴的な成分と言えばコレ!!商品名になっているほどの看板成分なのですが、栄養素が半端ないんです。笑

100g中に含まれる栄養素は上記の青クッサイ”ケール”を遥かに凌ぐ、栄養価が配合されていると言われています↓

出典:モリンガ

すべての栄養素が表記されているわけじゃないですが、表記されている栄養素のほぼ全てがケールを上回っています(汗)

特に私がビビったのが”カルシウム”。牛乳の20倍!!ケールでさえ牛乳の2倍ほどしか配合されていないのに、モリンガはその10倍です。

もしかすると、今後給食で配布されるのは牛乳ではなく、モリンガ青汁になる日が近いのかもしれない・・・

奇跡のスーパーフードと言われているみたいですが、強ち大袈裟でもないような気もします。

成分の総評

口コミなんかを見ると「飲みやすい!」っと飲みやすさばかりが強調されている青汁なので、「もしや、糖分がゴリッゴリに入っているのでは?」っと勘ぐってしまいましたが・・・

成分を見るとしっかり青汁成分がメイン成分になっていますし、モリンガの葉も配合されていました。笑

飲みやすさをアップさせるために、オレンジ果汁等のフルーツ系成分やオリゴ糖なども配合されていますが、これだけ青汁成分が配合されているなら問題なしっ!

成分的には何の文句も言えません。

ああ、、でも欲を言えばモリンガの葉成分がもう少し多く配合されていれば、更に嬉しいかも。

とはいえあなたが青汁で「野菜不足を補いたい」「本格的な青汁を飲みたい」と言うならぜっったいに選択肢に入れるべき青汁なのは間違いないです。これは断言できます。

※上記の成分&口コミはあくまでも成分の特徴を紹介しており、商品の効果を保証しているわけではないのでご注意くださいね。

【試飲レビュー】独断と偏見まみれの”味”評価。

いくら成分が優れていようと、”味”がマズかったら何の意味もありません。たった1,2杯飲んだだけじゃあ、青汁の効果なんて感じられるはずありません。

「青汁は習慣的に飲み続けられなければ意味がない!」という私の理念の元、独断と偏見で味をレビューしていきます!

まずはパッケージをチェックしてみる。非常にシンプルです。

コップに粉を注いでみると、真緑!ってわけでもなく、割と標準的な緑っぽさ。

ただし!マゼマゼしていくと、徐々に緑が濃くなっているような気が・・・

混ぜ終わったのがコレ。粉がかなりサラッサラなので溶け難さは皆無。

「流石ロート製薬さん、溶けやすい粉末を製造するノウハウに長けている。」っと勝手に妄想してしまった。

横から見るとやや黄緑っぽくみえるかも。見た目は思ったよりもマズそうでは無いです。

まずは味見して見る前に香りをテイスティングしてみる。。。うーむ、全く青臭さが無い。笑

私がモリンガ青汁に忖度しているわけじゃなく、本当に嫌らしい青臭さというか生臭さはほぼ0。やや抹茶っぽい香りがふわっと香る感じ。

そして口に含んでみると、やはり粉が溶けやすいのも合ってかなりサラッとした飲み口。うん、これはかなり飲みやすい。

本格的な青汁の中には、ドロッドロの液体のものもあるのですがやはり喉や舌にへばり付くので、かなり飲みにくいんです。

しかし!モリンガの恵みは本格青汁にありがちな”ドロッと感"が無く本当にサラッとしているので飲みやすい!

そして、肝心の味ですが”やや甘みのあるよもぎ”のような味で、これまた青臭さ0。「君は本当に青汁なのか?!」っと小一時間問い詰めたくなるほど青臭さが無い。

恐らくフルーツ系の成分やオリゴ糖などが配合されているので、上手く飲みやすい味に調整されているのだと思われますが、ここまで飲みやすいとは・・・

私が飲んできた本格青汁の中でもトップ5には入るであろうほど、飲みやすい味なのは間違いないです。

むしろ、この青汁が飲めないなら普通の青汁なんてぜっったい飲めないかと(汗)

最後に青汁嫌いの辛口妻にも試飲レビューしてもらいました。

辛口妻のレビュー
青臭くない!ほんのり甘い味で飲みやすい

青臭い青汁を飲むと一瞬で吐き出してしまう妻でも飲みやすいとのこと。

もし、あなたが飲みやすい青汁を探しているなら、絶対に試してみて欲しい!っと懇願するレベルに飲みやすいのは間違いない。

コスパは良いの?価格を徹底調査

最後に重要な点が価格!いくら成分や味が優れていようとも、継続できる価格じゃなければ意味がありません。

特に私のような一般ピープルには価格は死活問題。あまりに安すぎる青汁は生産地や成分に不安しか覚えませんが、高すぎても厳しいです・・・

というわけで、モリンガの恵みの価格表がコチラ↓

商品名 オーガニックモリンガの恵み青汁
価格 通常購入:3,500円

1杯辺り:116円

定期価格:3150円(送料無料)

1杯辺り:105円

初回限定価格:1,750円(送料無料)

1杯辺り:58円

※ 全て税別

容量 3g×30包

通常価格は一箱あたり3500円で1杯に換算すると116円と本格青汁の中ではちょっぴり安い・・・かな?とい程度の価格設定。

決して安い!っと騒ぎ立てるほどリーズナブルでも無いですが、高い!っというわけでもないです。

個人的には「缶ジュース1杯分以下の価格で健康が手に入るなら安いもんだ」と感じるのが正直なところ。胡散臭いフルーツ青汁なんて1杯300円もする商品もありますからね(汗)

ただ、更に安価で購入できるのが定期購入コース。

ぬァンと!初回限定ではあるものの、驚異の半額1750円でモリンガの恵みを試すことができちゃいます。1杯あたりの価格は58円と悪魔的な安さ。

こういった、定期コースで不安なのが「3回購入しないと解約できない」などの”定期縛り”ですが、モリンガの恵みは定期縛りも無しっ!

つまり、あなたが半額で購入して「口に合わない!」っと思っても、即解約できちゃうということです。

もちろん最初から解約前提で購入するなんてダメですが、どうしても口に合う合わないありますからね。

そして2回目以降の価格も10%OFFの3,150円、1杯105円、しかも送料無料!

という安さで継続することが出来るので、モリンガの恵みを購入するなら定期購入一択かなぁと。
⇛【50%OFF!】モリンガの恵み青汁の現在の価格や詳細はコチラ!

【結論】私の青汁人生でTOP5に入る青汁です。

もし、あなたが「本格的だけど、飲みやすい青汁」を探しているなら、ぜっったいにこのモリンガの恵み青汁は試して欲しいです。

今まで数々、、、少なくとも100種以上の青汁は飲んできましたが、間違いなくTOP5入る飲みやすい青汁です。

本当に青臭さが0に等しいので、「この青汁が飲めないのであれば他の青汁はムリでしょ・・・」っと言い切れるレベルです。

かといって成分に関しても、フルーツ青汁のように糖分がゴリッゴリに入っているわけでも無い。

確かに最近流行りつつあるフルーツ青汁は美味しいです。が!パッケージをクルッと回して成分表を見ると糖分が多すぎてもはや青汁じゃなくて、青汁風砂糖水なんですよね(汗)

逆に今回のモリンガの恵みは青汁初心者さんでも、間違いなく飲み続けられるであろうほど飲みやすい味にもかかわらず、しっかり青汁成分がベースに配合されています。

「あなたが本当に体に良い青汁を求めているなら、検討するべきだぁ!!」っとネット片隅で叫ばせて頂き、当記事を締めくくらせて頂きたいと思いますm(_ _)m

⇛【50%OFF!】モリンガの恵み青汁の現在の価格や詳細はコチラ!

本当に体に良い青汁を探しているあなたへ

同じ青汁でも、人工甘味料や糖分が配合されまくっている青汁は多いんです。
フルーツ青汁=ほぼ砂糖水!ダイエット効果が無いと言える5つの理由とは?
100種以上の青汁の飲み続けて辿り着いた、私がオススメする青汁はコレ!
【成分解析】激ウマなのに低価格!「ドクターベジフル青汁」試飲レビュー!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事