【口コミ】ほぼ無味無臭!「豆乳とおからのうみゃあ青汁」を購入レビュー!

今回は『豆乳とおからのうみゃあ青汁』の成分を解析&本当にうみゃあ青汁なのか?!を全力でレビューしていきたいと思います。

もし、あなたが「飲みやすい青汁を探している」ならこの青汁はオススメ。

というのも余計な成分などほぼ配合していないですし、味に関しても「ウマい!」ってほどじゃないですが、私が飲んできた100種以上の青汁のなかでもかなり飲みやすい部類。

では一体どんな成分が配合され、どんな味なのか?!青汁オタクの私が全力で解説していきますね。

本当に体に良い青汁を探しているあなたへ

同じ青汁でも、人工甘味料や糖分が配合されまくっている青汁は多いんです。
フルーツ青汁=ほぼ砂糖水!ダイエット効果が無いと言える5つの理由とは?
100種以上の青汁の飲み続けて辿り着いた、私がオススメする青汁はコレ!
【成分解析】激ウマなのに低価格!「ドクターベジフル青汁」試飲レビュー!

【成分&口コミ】豆乳とおからのうみゃあ青汁

原料成分
大麦若葉末、おから(大豆を含む)、マルチトール、マルトデキストリン、フラクトオリゴ糖、桑葉末、ほうれん草末、にんじん末、ミルクカルシウム(乳成分を含む)、湯葉(大豆を含む)/増粘多糖類、粉末セルロース
栄養成分
エネルギー:10,02g タンパク質0,29g 脂質0,12g 炭水化物2,35g 糖質1,55g
豆乳青汁というイメージがあるので「もしや、豆乳が成分の殆どで青汁成分はほんの少ししか入っていないのでは・・・」っと勝手に心配していましたが、しっかり青汁成分の”大麦若葉”がメインに配合されていました。笑
最近は青汁ブームなのもあってパッケージには”青汁”っと書かれていても、肝心の青汁成分がほんのちょっぴりしか配合されていないものもかなり多いですからね。
フルーツ青汁なんてメイン成分が糖分になっている事もあり、更に肥満の原因と言われる人工甘味料まで配合されていますから・・・
そんな青汁もありますが、今回の豆乳おから青汁はしっかり青汁成分がメインになっているので好印象。
っという事で豆乳とおから青汁の特徴的とも言える成分を1つずつ解説してきますね!

豆乳とおからのうみゃあ青汁の特徴成分とは?

1,大麦若葉末

この青汁で最も配合量の多いメイン成分がこの”大麦若葉”と言う最近の青汁の中では最もポピュラーな成分。

ケールなどの青臭い青汁よりも青臭さが抑えられてるので比較的飲みやすいのが特徴。

それだけでなく、活性酸素という人間の老化の原因とも言える成分の活動を抑える”SOD酵素”が豊富に含まれているんです。

そして!最も私が嬉しいのが”体脂肪率減少”が有意に期待できるという研究結果がある!という事です↓

健常者及び便秘傾向(一週間の排便回数が3~5 回程度)の成人男女32 名を対象
に、本食品を一日6 g、12 週間摂取させる連続摂取試験(オープン試験)が実施された。
その結果、摂取前と比較して、体重及びBMI は摂取4 週間後及び摂取終了4 週間後で有意な高値を示し、体脂肪率は摂取8 週間後で有意な減少が認められた。収縮期血圧及び拡張期血圧は摂取4 及び12 週間後に有意な低値が認められ、拡張期血圧は摂取終了4 週間後でも有意な低値を示した
出典:特定保健用食品評価書 大麦若葉粉末 - 食品安全委員会

大麦若葉入りの青汁を飲み続けたところ、8週間ほどで体脂肪率の減少が認められた!という研究結果が出ているんです。

私のようなメタボ体質を気にするような人には、朗報。ではあるのですが、、、だからと言って必ず体脂肪率が減るわけじゃありません(汗)

当然ですが摂取カロリーよりも消費カロリーの方が上回らなければ、体重なんて減るわけありませんので。。。あくまでもダイエットのサポートとして飲むべきですね。

そして、もう一つが"便通改善”が期待できる!というデータです↓

こちらも大麦若葉入りの青汁を飲み続けたところ、排便回数や日数が有意に増加した!というデータ。

ただ、当然ですがあなたの体質や生活習慣によって実感できるか?は大きく変わるので、あくまでもサポートですね。

胡散臭い青汁は商品の紹介ページに「ー10kg!」などと書いてあるので、飲むだけで痩せるような印象を抱きますが、飲むだけじゃあ痩せません・・・

2,おから(大豆を含む)

豆乳おから青汁で最も特徴的な成分と言えばコレぇぇ!

「おからなんて何か意味あるの?」っとやや小馬鹿にしていたのですが、"おからパウダーで体重減少が有意に認められた”という研究データもあるんですよ↓

統計解析の結果から、体組成(体重、体脂肪、腹囲)と腸内細菌検査(クロストリジウム菌)に有意差が
出る結果となりました。
体組成
●体重 最大マイナス 6.8kg 平均マイナス 2.0kg(11名減少/14名中)
●体脂肪 最大マイナス 2.1% 平均マイナス 0.5%(10名減少/14名中)
●腹 囲 最大マイナス 8.5cm 平均マイナス 2.9cm(12名減少/14名中)
要因・・・腸内バランスが整ったことによる便通の改善や低糖質で食物繊維が豊富なおからパウダー
摂取による満腹感の向上などの誘因から体組成の変化が見られたと考えられます。
出典:おからパウダーダイエット結果発表!

このデータを細かくみると実験に参加したのが、一般人ではなくおから製品を販売している社員さん14名なので、やや疑わしくもありますが・・・

まあ、嘘はつけませんので、ある程度期待するのはアリかもしれません。笑 もちろん上記の大麦若葉と同じくサポート程度に考えるべきですが。

3,マルチトール

マルチトールと横文字で書かれていると何やら化学調味料的なイメージを抱いてしまいますが、”還元麦芽糖”という天然の甘味料です。

一般的な”砂糖”よりもカロリーが半分程度しかないので、青汁のような健康食品やダイエット食品などに多く配合される成分。

青汁成分だけだと、青汁特有の生臭さと青臭さで激マズっ!になりがちですが、マルチトールなどの甘味料で飲みやすさUPを図っているってわけですね。

4,フラクトオリゴ糖

こちらも甘味料ですが、ただただ甘みを与えるだけじゃあ無く、整腸作用が期待できるというのが特徴。

腸内の善玉菌のエサになり、「善玉菌の数を増やしてくれる」と言った研究結果も出ています↓


出典:フラクトオリゴ糖とその「はたらき」

ただぁし!!よく見ると健康な成人男女7名とかなり少ない被験者ですし、1日15gもの大量のオリゴ糖を摂取しつづけて出てきたデータです。

今回の青汁だけで同じような整腸作用を期待するのはちょっと難しいかと・・・悪い成分じゃないのですが過度の期待は禁物!ってところですね。

成分の総評

飲みやすい青汁成分である”大麦若葉”をベースにお豆腐屋さん独特のおから成分を配合し、飲みやすさUPのために麦芽糖などを+していると言う感じ。

うん!最近流行りのフルーツ青汁のように人工甘味料も無いですし、成分的には何も文句の付け所なしッ!

成分だけで言えば「検討する価値は十分にある!」っと強く言える青汁です。あとは味さえ美味しければ最高なのですが・・・

※上記の成分&口コミはあくまでも成分の特徴を紹介しており、商品の効果を保証しているわけではないのでご注意くださいね。

【試飲レビュー】独断と偏見まみれの”味”評価。

成分と同じくらい重要なのがこの味!いくら優れた成分のみで作られていたとしても、味が続かなければ意味がありません。

青汁は習慣的に飲み続けるものなので、味が不味かったら継続して飲み続けられませんからね・・・

っというわけで青汁を100種以上飲み続けた私がガチ試飲レビューしていきます!

かなりオシャレなデザインのパッケージ。うみゃあそうだ・・・

おからの配合量が多いからか?やや薄緑な粉。

粉はかなり溶けやすいくサラッとした、質感の水です。

溶かし終わってもやっぱりちょっと薄緑っぽい。

溶けやすいので粉の沈殿もほぼナシっ!ただ、ちょっと色が薄い。

 

まずは香りをテイスティング!う~む、青臭さは殆ど無い。というかほぼ皆無。

香りに集中してよーく嗅ぐと、やや甘い香りがするような気もしますが殆ど無臭です。

いざ口に含んでみると、かなりサラッとした飲み口でかなり、かなり飲みやすいッ!

本格的な青汁の中にはドロッドロの質感のものや、ザラッとした質感のものも多いのですが、この青汁は本当にサラッとした飲み口で不快感0

のどごし爽やかとは正にこの事です。

そして!肝心の味ですが、、、ほぼ無味。豆乳とおからの青汁というネーミングの商品なので、もっと豆乳感があるのかと思いましたが、かなりかなり薄い青汁の中に微かに甘みを感じる程度の味。

決してうまいッ!っと唸るほどじゃあないですが、青汁特有の青臭さや生臭さはまっったくナシ。飲みやすいのは間違いないです。

恐らく、あなたが青汁初心者さんでも、青汁の青臭さが苦手!っという場合でもこれなら問題なく飲めるかと。

辛口妻のレビュー
微妙に青臭さがある。味は無味

私はほぼ無味無臭に感じたのですが、青汁嫌いの妻によるとビミョーーーに青臭さがあるように感じられるとのこと。

ただ味は無味に近いので飲みやすいのは間違いないですね。

コスパは良いの?価格を徹底調査

いくら成分と味が優れていても、価格が高すぎたら継続して飲み続けられません。健康に良いと分かっていても、価格が高すぎたらストレスで体調が悪くなる可能性もあります・・・

っという事で今回の青汁の価格表がコチラ↓

商品名 豆乳とおからのうみゃあ青汁
価格 通常購入:3400円

1杯辺り:112円

定期価格:3060円

1杯辺り:102円

※ 全て税別

容量 3,2g×30袋

通常価格が3400円で1杯辺りの価格は112円と、高く安くも無い価格設定です。

まあ最近流行っているボッタクリフルーツ青汁なんかは1杯200円超えのものもあるので、そういった青汁に比べれば良心的かなぁと。

更に安く購入できるのが最早通販系青汁ではお馴染みの”定期購入コース”

毎月自動的に購入するというコースですが、これだと10%OFFで続けることが可能。一箱3060円で1杯辺りが102円とそこそ安い価格に。

激安ッ!!ってほどではないですが102円だったら間違いなく安い方です。缶ジュース一本分以下の値段で続けられるなら検討する価値有り!かと。
⇛【最大30%OFF】豆乳おから青汁の定期購入コースはコチラ!

思ったよりも豆乳やおからの味が感じられなかったのが個人的にちょっと残念ですが、今まで飲んだ青汁の中でもかなり飲みやすいのは間違いないです。

恐らく、余程青汁の臭さが苦手!って人じゃなければ、青汁初心者さんでも飲み続けられるはずっ!

成分に関しても、マルチトールなどの天然の甘味料は配合されているもののフルーツ青汁なんかのように、人工甘味料も配合されていませんしGOOD!

価格は激安とまではいかないですが、缶ジュース一本分以下の価格で継続できると考えたら、決して高い!ほどの価格でも無いですし・・・

もし、あなたが「これから青汁にチャレンジする」「青臭い青汁を飲むのはちょっと怖い」っと言うのであれば今回の青汁はオススメです。

ただ、私が愛飲しているコチラの青汁のように「ウマい!」っと叫びたくなるほど美味しく、更に野菜成分もたっぷり入ってればうれしいなぁとは思います↓
【成分&口コミ】激ウマなのに低価格!「ドクターベジフル青汁」試飲レビュー!

『豆乳とおからの青汁』を検討している人はぜひぜひ参考にして頂ければ幸いですm(_ _)m

本当に体に良い青汁を探しているあなたへ

同じ青汁でも、人工甘味料や糖分が配合されまくっている青汁は多いんです。
フルーツ青汁=ほぼ砂糖水!ダイエット効果が無いと言える5つの理由とは?
100種以上の青汁の飲み続けて辿り着いた、私がオススメする青汁はコレ!
【成分解析】激ウマなのに低価格!「ドクターベジフル青汁」試飲レビュー!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事