【口コミ】2つの成分に注意!モリモリスリムフルーティー青汁を購入のレビュー!

今回は『モリモリスリムフルーティー青汁』の成分を解析&どのような味なのか?!を全力でレビューしていきたいと思います。

最初に言ってしまうと私はこの青汁をオススメ!とは言い難いです・・・その理由は2つあります。

1つは私が嫌悪している太る原因とも言われている”ある成分”が配合されている点。もう1つは人によっては下剤作用が強すぎる成分が配合されている点ですね。

モリモリ、、、というネーミングからして便秘などに悩んでいる人をターゲットに販売している青汁ではあるのですが、ちょっと効果がありすぎるような気もするんですよね(汗)

ではどのような成分が配合され、どのような特徴のある青汁なのか?!青汁を100種以上飲み尽くした私が全力レビューしてきます!

本当に体に良い青汁を探しているあなたへ

同じ青汁でも、人工甘味料や糖分が配合されまくっている青汁は多いんです。
フルーツ青汁=ほぼ砂糖水!ダイエット効果が無いと言える5つの理由とは?
100種以上の青汁の飲み続けて辿り着いた、私がオススメする青汁はコレ!
【成分解析】激ウマなのに低価格!「ドクターベジフル青汁」試飲レビュー!

【成分&口コミ】モリモリスリムフルーティー青汁

原料成分
難消化性デキストリン、ゴールデンキャンドル末、大麦若葉末、抹茶、クマザサ末、ケール末、有胞子性乳酸菌末、明日葉末、殺菌乳酸菌(乳成分を含む)、植物発酵エキス末(バナナ、山芋を含む)、桑の葉末、ゴーヤ末、ヤーコン葉末、羅漢果抽出物末、ギムネマエキス末、オオバコ葉末、ハス葉エキス末、コレウスフォルスコリ末、ガルシニアエキス末、サラシアエキス末、ルイボスエキス末、果汁ブレンドパウダー【マルトデキストリン、果汁(リンゴ、洋なし、グレープフルーツ、パッションフルーツ、レモン、赤ブドウ、ストロベリー、パイナップル、マンゴー、ライチ、オレンジ、キウイフルーツ、もも、ブルーベリー、クランベリー、ラズベリー)】、ハーブエキスパウダー(デキストリン、シナモン、リコリス、アカメガシワ、フェンネル、クローブ、ジンジャー、金時ショウガ)/酸味料(クエン酸)、香料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物) 
栄養成分
エネルギー:7.7kcal、たんぱく質:0.28g、脂質:0.075g、炭水化物:2.4g(糖質:1.9g)(食物繊維:0.52g)ナトリウム:0.68g(食塩相当量:0.0017g)ビタミンC:30mg、乳酸菌:150億個
青汁という名称の商品でありながら、成分を見ると”難消化性デキストリン”という食物繊維成分が最も配合量の多い成分になっていますね。
うーん・・・個人的にはこの時点で「青汁じゃねぇ!」っとツッコみたくなります。笑 青汁という商品で販売するならせめて最も配合量の多い成分くらいは青汁にしてほしいところ。
そして!私が嫌悪している成分が”アスパルテーム”という人工甘味料ですね。なぜ、毎日習慣的に飲むような健康食品に人工甘味料を配合してしまったのかッ!
理解に苦しみます(汗)っという事でモリモリスリム青汁の特徴的とも言える成分を1つずつ解説していきますね!

モリモリスリムフルーティー青汁の特徴成分とは?

1,難消化性デキストリン

青汁なのに最も配合量の多いメイン成分とも言えるのがコチラ。

特保のお茶なんかによく配合されている成分で「脂肪の吸収を抑える」っと宣伝される事が多いですね。

もちろん!効果が全く無いのに脂肪の吸収が抑えられるなんて宣伝できません。このように食事と一緒に摂取する事で脂肪の吸収が抑えれた!という研究データがあるんです↓


出典:難消化性デキストリンのチカラ

もちろん、だからといって難消化性デキストリンを摂取するだけで痩せる!なんてことは絶対にありえないですが、ダイエットのサポート的に摂取するのはありかなぁと。

青汁なのになぜ食物繊維がメイン成分なのか?!がちょっと理解出来ないですが、この成分自体は悪い成分ではないです。

2,ゴールデンキャンドル末

私が冒頭で「人によっては下剤効果が強すぎる!」っとお伝えした1つ目の注意するべき成分がコレ。

っというのもゴールデンキャンドル(キャンドルプッシュ)には便秘治療薬にも使われる”センノシド”が配合されているんですね。

そのセンノシドはあなたの体質によっては、必要以上に効果が効きすぎてしまう可能性があるんです。

大腸内の細菌の作用で腸のぜん動運動を亢進させる物質になり、大腸粘膜を刺激して腸の動きを促進し、排便を促します。通常、便秘症の治療に用いられます。
出典:くすりのしおりセンノシド錠

もちろん、私が適当に言っているわけじゃああなく、このように”センノシドを含む健康茶等は激しい下痢を引き起こす可能性がある”と警鐘を鳴らしている人もいます↓

出典:https://www.pref.yamanashi.jp/eisei-ykm/documents/140331tsutatsu22.pdf

まあ、あくまでも青汁に配合されている1成分なので、それほど配合量は多くないとは思いますが・・・

本当に便秘で悩んでいるなら然るべき医療機関に相談するべきですし、下剤効果が高すぎるのもちょっと怖いなぁというのが私の意見ですね。

3,大麦若葉末

成分表を見ると3番めに多く配合されているのがこの青汁成分”大麦若葉”です。なんで青汁なのに一番多く配合されていないのか?!っというツッコミは置いといて・・・

この青汁成分自体はケールなどの青臭さが強烈な青汁成分よりも飲みやすいのが特徴。

栄養成分が豊富なのはもちろんですが、更にうれしい出来る効果が”体脂肪率”減少に期待できる!っという点ですね↓

健常者及び便秘傾向(一週間の排便回数が3~5 回程度)の成人男女32 名を対象
に、本食品を一日6 g、12 週間摂取させる連続摂取試験(オープン試験)が実施された。
その結果、摂取前と比較して、体重及びBMI は摂取4 週間後及び摂取終了4 週間後で有意な高値を示し、体脂肪率は摂取8 週間後で有意な減少が認められた。収縮期血圧及び拡張期血圧は摂取4 及び12 週間後に有意な低値が認められ、拡張期血圧は摂取終了4 週間後でも有意な低値を示した
出典:特定保健用食品評価書 大麦若葉粉末 - 食品安全委員会

ぬぁんと!!8週間大麦若葉を飲み続けたところ、体脂肪率減少が有意に認められた!とのこと。

私のようなメタボ体質を気にしている人にとってはこの上ない朗報なのですが、、、やはり青汁を飲むだけじゃあ痩せません(汗)

いくらこのようなデータがあろうと、消費カロリーが摂取カロリーよりも上回らなければ、痩せるなんてことはありませんからね・・・

そして!もう一つの期待できる効果が”便通改善”が有意に認められたというデータです↓

こちらについても大麦若葉を摂取しつづけたところ、排便回数や日数の増加が有意に認められた!と言う結果が出ています。

ただ、便通改善が期待できるのは良いのですが、モリモリスリムには”ゴールデンキャンドル”という下剤効果が高い成分が入っているので、やはり効果が強すぎないか?が心配ですね・・・

4,甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)

私が嫌悪している2つの目の注意成分というのがコレ!!なんで毎日、毎日飲み続ける健康食品にこの成分を配合してしまったのかッ!

砂糖よりも数百倍の甘みがあるので、ほんの少し配合するだけで甘みが感じられる成分ですね。配合量が少なくても済むのでほぼカロリー0

ただし!この成分自体はカロリーが0に近いのですが、むしろ肥満の原因になる!っとも言われている成分なんです↓

ネオテームやアスパルテームのような人工甘味料は、ダイエットには役立ちません。むしろ肥満になると言います。

人工甘味料は、糖分ではない為、血糖値は上昇しません。カロリーはほぼありません。しかし、脳は糖分が入って来たと判断するので、インスリンを分泌させてしまいます。インスリンには、脂肪の合成を促したり、脂肪の分解を抑える働きがある為、インスリンが分泌されると太りやすくなります。その上、カロリーがほぼない為、エネルギーに変換することが出来ず、低血糖になり、体はエネルギーを求めるようになります。結果、食欲が増進され、過食に走って、太っていきます。
出典:ネオテームは危険度MAXな人工甘味料か!?安全性は?

この成分自体で太ることは無いのですが、肥満ホルモンと呼ばれるインスリンが多く分泌され脂肪を蓄えやすくなる体質になるとのこと。

まあ、たった1回や2回飲むくらいならほぼ影響はないんでしょうけど、青汁って毎日毎日習慣的に飲み続けるものですからね(汗)

健康目的で飲み続けるのに、青汁が原因で太る可能性があるなんて・・・私はぜっっったいに飲み続けたくない!っと思いました。

成分の総評

まず一番気になったのが青汁なのに青汁成分がメインになっていない点ですね。

野菜不足を補いたい、置き換えダイエットしても十分ま栄養を摂取したいっと青汁を選ぶ人が大半だと思うのですが、肝心の青汁成分が薄いのは致命的。

そして、モリモリスリムという名称なのである程度仕方ないかもですが、下剤効果が高すぎる可能性が指摘されているのもちょっと怖いですね。

これもたった1,2杯飲むだけなら問題ないかもですが、毎日毎日飲み続けるとなると・・・うーむ、あまり健康的な感じがしないような(汗)

そして極めつけは人工甘味料のアスパルテーム。個人的にはこの成分が配合されている時点で飲み続けることはありませんね・・・

※上記の成分&口コミはあくまでも成分の特徴を紹介しており、商品の効果を保証しているわけではないのでご注意くださいね。

【試飲レビュー】独断と偏見まみれの”味”評価。

成分と同じくらい重要なのが味!いくら優れた成分が配合されていようと、”味”がマズかったら習慣的に飲み続けられません。

体に良いッ!っと分かっていても、挫折しちゃったらな~んの意味もありませんので。

「継続できない青汁に存在価値無しッ!」という当ブログの理念の元、青汁を100種以上飲み続けた私が味をレビューしていきます!

まずはパッケージ。非常にシンプルで分かりやすいです。それにしても「モリモリスリム」って、スゴイネーミングだなぁ。笑

コップに粉を注いでみると、、、なんか黒いぃぃ!今まで見てきた青汁の中でもかなりの黒さっ!

ゴールデンキャンドルが配合されているだろうか?普通の青汁よりも青っぽさも緑っぽさも無い。

上から見たらこんな感じ。うーん、、、なんかマズそうな色味です(汗)

横から見るとこんな感じ。やはり青汁成分が薄いからかかなり溶けやすい粉でした。

なんか色味だけみるとまったく青汁感もフルーツ青汁感もないのですが・・・香りを嗅いでみるとりんごジュースの香りです。

青汁特有の青臭さとか生臭さとかは一切ありません。もし、あなたが青汁のニオイが苦手!っといならその心配は無用。

口に含んでみると、、、うーむ、やはり青汁成分がかなり少ないからか?かなりかなりサラッとした飲み口で全く粉っぽさはありません。

本当にこれ青汁なのか?!っと心配になるほどサラッとしています。

そして!肝心の味ですが、ジュースッ!っと大声で叫びたくなるほど、ジュースの味!

っと言っても何か強烈な酸っぱさの中に、甘みを感じる味でう~ん。。。美味しくないです(汗)

なんとも言葉で形容し難い味なのですが、青汁にしてはかなりの甘さと酸っぱさを感じ美味しくない!っというのが私の本音ですね。

ただ、青臭さとかは一切感じないので、青汁初心者さんや青汁嫌いの人でも飲めるのは間違いないかと。

最後に青汁嫌いの辛口妻にも試飲レビューしてもらいました!

辛口妻のレビ
後味が薬っぽいけど、フルーティーで飲みやすい!

私が飲んだときは薬っぽさは感じなかったのですが、青汁嫌いの人だと青汁の風味が薬っぽく感じるのかも。

ただ、青汁嫌いの妻でも飲みやすい!っと言っていたので、青汁にしては飲みやすいのは間違いないです。

コスパは良いの?価格を徹底調査

最後に超絶重要な点が価格!いくら成分や味が優れていようと、価格が高ければ継続して飲み続けられません・・・

っという事で『モリモリスリムフルーティー青汁』の価格がコチラ↓

商品名 モリモリスリムフルーティー青汁
価格 通常購入:3700円

1杯辺り:123円

定期価格:3200円

1杯辺り:106円

※ 全て税別

容量 3g×30包

一箱3700円で1杯辺りは123円とそこまで高価ではない印象。かといって激安!ってほどでもないですが、まあ1日1杯缶コーヒーやジュースを我慢すれば続けられるので、ムリッ!ってほどでも無いです。

更に安いのが定期便価格。一箱3200円で1杯106円とそこそこ安めの価格で継続することが可能。

まだまだ激安ッ!ってほどじゃあ無いですが、本格青汁の中では比較的安めな価格なのは間違いないです。あくまでも価格”のみ”で見た場合ですが・・・
モリモリスリムの現在の価格や詳細はコチラ!

【結論】やや副作用が気になります。

やはり一番気になるのは下剤効果が高すぎる成分が配合している点ですね。

もちろんあなたの体質にもよるのですが、下剤にも使用される成分を毎日毎日、摂取し続けるのは個人的にちょっと怖いです(汗)

本気で便秘に悩んでいるならお医者さんに相談するべきだし、ちょっとだけ気になるというなら大麦若葉が多く配合されている青汁を飲み続けたほうが健康的かなぁと。

そして、更に私がこれは飲みたくない!っと思ったのが”アスパルテーム”ですね。「なぜ毎日飲み続ける健康食品に人工甘味料を配合してしまうのか!」これがちょっと私には理解できないです。

まあ、青汁を飲みやすい味に調整するために配合しているのでしょうけど、青汁なら麦芽糖などの天然の甘味料を使って欲しいところ。

うむむ、、、人工甘味料が配合されている時点で私的には無しッ!ですね・・・

他にも飲みやすくて青汁成分が濃厚、かつ人工甘味料不使用の青汁はいくらでもありますので。

っという事で『モリモリスリムフルーツ青汁』が気になっている人はぜひぜひ参考にして頂ければ幸いです。

本当に体に良い青汁を探しているあなたへ

同じ青汁でも、人工甘味料や糖分が配合されまくっている青汁は多いんです。
フルーツ青汁=ほぼ砂糖水!ダイエット効果が無いと言える5つの理由とは?
100種以上の青汁の飲み続けて辿り着いた、私がオススメする青汁はコレ!
【成分解析】激ウマなのに低価格!「ドクターベジフル青汁」試飲レビュー!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事