【口コミ】嘘の口コミに注意!「めっちゃたっぷりフルーツ青汁」を購入レビューした結果・・・

私は今怒りでプルプル震える手を抑えながら当記事を書いている。

なぜなら今回紹介する『めっちゃたっぷりフルーツ青汁』を検索してみるとウジャウジャとステマ記事が出てくるからです。

「めっちゃたっぷりフルーツ青汁で痩せました♡」みたいな記事で上位が埋め尽くされているのを見ると、怒りでスマホをへし折りたくなりますね。

私自身、今まで100種類程は青汁を飲み尽くしましたがハッキリ言って、めっちゃたっぷりフルーツ青汁で痩せるのは難しいです。

理由は単純。成分を見ると青汁というよりもジュースに近い成分で出来るているからです。

では一体どんな成分が配合され、どのような特徴があるのか?成分を解析&試飲レビューをしてきますね!

本当に体に良い青汁を探しているあなたへ

同じ青汁でも、人工甘味料や糖分が配合されまくっている青汁は多いんです。
フルーツ青汁=ほぼ砂糖水!ダイエット効果が無いと言える5つの理由とは?
100種以上の青汁の飲み続けて辿り着いた、私がオススメする青汁はコレ!
【成分解析】激ウマなのに低価格!「ドクターベジフル青汁」試飲レビュー!

【成分&口コミ】めっちゃたっぷりフルーツ青汁

原料成分
還元麦芽糖水飴、デキストリン、クマザサ粉末、緑茶粉末、果汁パウダー、明日葉粉末、モリンガ粉末、蓮葉粉末、野草発酵エキス粉末(オリゴ糖、砂糖、てんさい糖、ヨモギ、その他)、フルーツ・野菜抽出エキス、緑茶抽出物、乳糖、植物発酵物、メロンプラセンタ(胎座)抽出物、混合ハーブエキス(グアバ、ホーリーバジル、セスバニア、レモン皮、アムラ、ベニノキ種子)、パイナップル果実抽出物、有胞子性乳酸菌/香料、甘味料(ネオテーム、スクラロース)、シクロデキストリン、(一部に乳成分・小麦・やまいも・りんご・オレンジ・バナナを含む)
栄養成分
エネルギー:10、71キロカロリー、脂質0,02g、ナトリウム0,66mg、タンパク質0,16g、炭水化物2,73g
成分表記が早いものの方が配合量が多くなっています。
つまり!このめっちゃたっぷりフルーツ青汁で最も配合量の多い成分は”還元麦芽糖水飴”という甘味料。
この麦芽糖は一応、一般的な上白糖よりも半分のカロリーという特徴ですが、半分と言っても0カロリーじゃあ無いですからね。
いくら飲みやすさ重視とはいえ、青汁なのに甘味料が最も配合量が多い時点でジュースだとしか思えません。(汗)
ただ、「こんなものは青汁じゃない!ジュースだ!」っと決めつけてしまってはフェアじゃないです。
っという事で青汁を飲み尽くした私が『めっちゃたっぷりフルーツ青汁』に配合される数少ない良さそうな成分とその特徴を解説してきますね。

めっちゃたっぷりフルーツ青汁の特徴成分とは?

1,クマザサ粉末

めっちゃたっぷりフルーツ青汁の中で、最も青汁らしい成分と言うのがコレ。この成分自体は本格的な青汁にも配合される事もある正真正銘の青汁成分です。

青汁というとかなり青臭い”ケール”や”大麦若葉”が配合されていますが、このクマザサはクセが無いのが特徴。

特徴としては、”食物繊維”が上記の飲みにくい”ケール”の10倍以上含まれている!っと言われてますので、整腸サポート効果が期待できる点ですね。

そして更に!クマザサエキスを2週間摂取し続けた所、”体脂肪率減少”が有意に確認できたと言うデータも発表されています↓

今回の試験で、クマイザサエキスはダイエットに効果があるばかりではなく、ダイエットのストレスで引き起こされる様々不定愁訴を改善する、ユニークな機能性素材であると考えられます。
出典:クマイザサエキスのダイエットストレス誘発不定愁訴改善と BMI 指標改善をヒト試験で検証

このデータだけ見ると「おお!本当にダイエット効果ありそうじゃんッ!」っとついつい興奮しそうになりますが、成分表を見てください。麦芽糖よりも配合量が少ないです・・・

いくら体脂肪率減少効果が確認出来た!っと言っても、それ以上の糖分を摂取し続ければ太る可能性の方が高いでしょう。間違いなく。

ケーキを食べながら、特保のお茶を飲んでいるようなもんです。

成分単体では優れていますが、めっちゃたっぷりフルーツ青汁にダイエット効果を求めるのは、この時点で無理!!だと思います。

2,明日葉粉末

こちらも最近の青汁に多く配合されるようになって成分。上記と同じく”ケール”などと比べてクセが無いので使用される事が増えている青汁成分です。

特徴としては何と言っても青汁の王者的成分”ケール”遥かに凌ぐ栄養価がある!という点です↓

出典:あしたば本舗

ケールよりも飲みやすくて、更に栄養価も高いなんてもう全部あしたばでイイじゃん!っと思ってしまいますが、”ケール”の場合は上記のクマザサと同様”体脂肪減少”が有意に認められた!というデータもあるので、一概にあしたばの方が優れているとも言えません。

3,メロンプラセンタ(胎座)抽出物

数年前から注目されだしている成分がこの”プラセンタ”。主に豚などの胎盤から抽出される事が多い成分なんですが、この青汁はメロン由来のプラセンタですね。

プラセンタを経口摂取しても効果があるのか?は疑問視されていましたが、一応2018年の研究結果では

「プラセンタを経口摂取した場合でも、お肌の乾燥や小じわを目立なくする効果がある」

っという研究データが発表されていたりもします↓

●角層水分量と皮膚弾力性が向上
経口摂取前と比較して、角層水分量は4週間後、12週間後ともに改善しました(図1)。皮膚弾力性についても、4週間後に上がり12週間後も効果が続いています(図2)。これはプラセンタ抽出物中のオリゴペプチドなどの成分が皮膚の水分や弾力性を高めると同時に、真皮線維芽細胞でコラーゲン合成を促進するためと考えられます。

出典:プラセンタ抽出物(粉末)の経口摂取による肌への有効性を確認

経口摂取しただけで、お肌がすべすべになるなら本当に素晴らしいですが、研究発表しているのがプラセンタを販売している会社の研究なので偏っている可能性も無きにしろあらず。

うーむ。流石に虚偽の発表では無いだろうけど、できれば第3者機関の研究発表だと信憑性も更にあがるのですが・・・

過度の期待は禁物ですね。

成分の総評

とにかく私がこの青汁の成分を見て感じたのは「ごちゃごちゃ色んな物を入れすぎ!」って事です。

確かに上記のようなクマザサや明日葉なんかの青汁系成分も入ってはいますが、ごちゃごちゃ配合しすぎているので青汁成分は限りなく少ないと予測できます。

フルーツ成分や天然の甘味料だけならまだしも、ネオテームという砂糖の1万倍甘みを感じる人口甘味料や香料など添加物もガッツリ入っているのが気になる所。

そもそも、一番配合量が多いのが”麦芽糖”と言う時点で、青汁と言うよりも「青汁風フルーツジュース」と言ったほうが近いでしょう。

う~む。商品名は青汁だけど、成分を見ると私からすると人口甘味料のジュールにちょっぴり青汁成分を入れただけに感じますね・・・

※上記の成分&口コミはあくまでも成分の特徴を紹介しており、商品の効果を保証しているわけではないのでご注意くださいね。

【試飲レビュー】独断と偏見まみれの”味”評価。

そして!成分と同じくらい重要なのが”味”です。いくら素晴らしい成分が配合されていようと、味がマズすぎれば、続けることができません。

「続けれられない青汁に意味など無い!」っというのが私の主張です。たった数杯飲んだからと言ってなにも変わりはしませんからね。

っという事で独断と偏見まみれの味レビューをしてきます!

まずはパッケージ。非常に簡素なパッケージです。3000円くらいするならもう少し可愛いイラストにするとか・・・ね。

コップに粉を注いでみるとこんな感じ、やはり青汁系成分が少ないのもあってかかなーり薄い緑。っというかあまりにも薄いので茶色っぽくも感じます↓

うらぁ!!!っと混ぜていきます。溶けやすさはまぁまぁですね↓

上から見た画像がコチラ、うーん。薄い!笑 コレ青汁なのか?ってくらい薄い。

横からみたコップ。今まで100種くらいは青汁を飲んできましたが、トップクラスに薄い。やはり私はこれを青汁とは認めたくない。

まずは香りを嗅いで見る。・・・ぐっ強烈なフルーツの香りっ!

っといってもフルーティないい香りなんかじゃなく、なんか人口香料丸出しな凄く体に悪そうな香りです(汗)

何というか苦い風邪薬を無理やり飲みやすくする為に、人口香料でごまかしている感じ。

で、肝心の味ですが、、、まず感じたのが甘みの強さ!甘い!私が飲んできた数々の青汁の中でもトップクラスに甘い!

そして、フルーツの香りが強烈だった割にはフルーティな味は全ッ然!しません。(汗)

ただ甘いだけで殆ど無味。ただ、青汁特有の青臭さとかも一切ないので、青臭いのが苦手な人が飲みやすいのは確かです。

最後に辛口妻にも試飲レビューしてもらいました。

辛口妻のレビュー
甘い。意外と味薄ッ!

やはり、香りが強烈な割に味薄!っと感じたのが一緒のようです。

まあ、確かに一般的な青汁よりもクセは無いんですが、、、う~ん。なんかスゴイ科学調味料的な味なんですよね。(汗)

味からして不健康な味なので、少なくとも私は飲み続けたいとは思いませんでした。

コスパは良いの?価格を徹底調査

いくら飲みやすくても、価格が高けりゃ続けられない!続けられなければ意味がない!っという事で価格を徹底調査しました。

めっちゃたっぷりフルーツ青汁は通販専門青汁なので、一般的なスーパーなどでは購入できないようですね。

商品名 めっちゃたっぷりフルーツ青汁
価格 通常購入:5980円

1杯辺り:200円

2回目以降:3980円

1杯辺り:132円

初回限定価格:680円

1杯辺り:22円

※ 全て税別

容量 3g×30袋

ハッキリ言って良いですか?

「めっちゃ高いッ!!!」です。私が見てきた数々の青汁の中でもトップクラスに高い。通常価格が5980円で1杯約200円もします。(汗)

ボッ◯クリレベルに高いです。ただ、初回限定のみでぬぁんと!たったの680円、1杯22円で購入することができちゃいます。笑

価格にギャップがありすぎて逆に怖いです。。。

定期コースなら、2回目以降も3980円で1杯132円とまあまあな価格で続けることはできます。まあ、私からすると定期購入させるために、通常価格をメチャ高く設定しているだけにしか見えませんが。

一応、返金保証制度もついているので、飲んでみて満足出来なければ返金してくれるようですが、特商法を見ると7日以内に連絡しないと返金に応じてくれないそうです。

たったの7日ですよ?!普通、この手の返金保証制度は少なくても2週間程度猶予があったりするのが普通です。

たった7日じゃあ仕事に勤めていたりすれば連絡する暇なんてありませんよ・・・

返金させる気がないのか?っと疑われても仕方ないですね。正直、全く誠意を感じません。

消費者庁に表示の改善および1億886万円の課徴金納付を命じられている。

直接成分や味とは関係ありませんが、誇大広告で商品を宣伝していたという事で1億円も課徴金納付を命じられています。

「おいしく飲んでスリムボディに!」「燃えやすい体を作り、肌の新陳代謝も促す」などの表示が景品表示法の優良誤認にあたるとの判断。消費者庁が同社に対し当該表示の根拠を求めたものの、期間内に資料が提出されなかったとのことです。また、宣伝ページでは「初回¥680コース※税抜」「毎月先着300名様限定」などと表記していましたが、実際には「300名限定」という事実はなく、これも景品表示法の有利誤認にあたるとしています。
出典:「痩せる」フルーツ青汁に課徴金1億円の行政処分 GENKINGも「太らない」とオススメ

成分をどう好意的にみても痩せる要素なんて何1つ無いのに、広告に「痩せる」など煽り文句を入れて販売していたのが目についたようですね。

優良誤認と判断されていますが、正直詐欺レベルかと・・・こんな会社の商品は絶対に飲みたくないですね。

【結論】青汁風ジュース。私は全くおすすめしません。

成分を見てもただの人工甘味料ジュースに青汁成分をちょっぴり入れているだけですし、価格も高め。

更に味に関しても、科学調味料丸出しの香料にただ甘さを感じだけの不健康そうな味。

っという点からしてわざわざ『めっちゃたっぷりフルーツ青汁』を飲む必要が私には全く感じられませんでした。

そして、気味が悪いのが「めっちゃたっぷりフルーツ青汁 レビュー」などで検索すると「フルーツ青汁のおかげで-14,8キロ♡」のような記事がウジャウジャ出てくる点です。

ぶっちゃけ、こんな糖分タップリの青汁を飲んだだけで痩せるわけがありません。(汗)なぜこんな青汁が大絶賛されているのか?意味がわかりません(広告費目当てなのでしょうけど)

もし、私の友人や家族がこのフルーツ青汁を検討していたら全力で止めると思います。笑

これじゃなくてももっと安価で良質な青汁はあるので、あえてこの青汁を選ぶ必要もありませんので。

もし、あなたが『めっちゃたっぷりフルーツ青汁』を検討しているなら、参考にして頂ければ幸いです。

本当に体に良い青汁を探しているあなたへ

同じ青汁でも、人工甘味料や糖分が配合されまくっている青汁は多いんです。
フルーツ青汁=ほぼ砂糖水!ダイエット効果が無いと言える5つの理由とは?
100種以上の青汁の飲み続けて辿り着いた、私がオススメする青汁はコレ!
【成分解析】激ウマなのに低価格!「ドクターベジフル青汁」試飲レビュー!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事