【口コミ】致命的な弱点とは?「メタプロ青汁」を購入レビュー!

今回は井藤漢方製薬さんが販売している『メタプロ青汁』の成分を解析、本当になにか効果が感じられるのか?!を徹底解説していきたいと思います。

メタプロ青汁の最大の特徴とも言えるのが『難消化性デキストリン』という食物繊維成分。この成分自体は、”特保のお茶”などにも配合されているくらいなので、効果があるのは間違いないです。

ただぁし!!メタプロ青汁には成分意外で”致命的な弱点”があるんです・・・

っという事で、青汁を100種以上飲んだ私が、メタプロ青汁を購入そメリット、デメリットを余すこと無く解説していきますね!

本当に体に良い青汁を探しているあなたへ

同じ青汁でも、人工甘味料や糖分が配合されまくっている青汁は多いんです。
フルーツ青汁=ほぼ砂糖水!ダイエット効果が無いと言える5つの理由とは?
100種以上の青汁の飲み続けて辿り着いた、私がオススメする青汁はコレ!
【成分解析】激ウマなのに低価格!「ドクターベジフル青汁」試飲レビュー!

【成分&口コミ】井藤漢方製薬 メタプロ青汁

原料成分
 難消化性デキストリン、大麦若葉末、抹茶末、桑の葉末、明日葉末、クロレラ末、モロヘイヤ末
栄養成分
エネルギー:19kcal、たんぱく質:0.54g、脂質:0.15g、糖質:0.71g、食物繊維:6.15g、ナトリウム:7.3mg、カルシウム:11.2mg、カリウム:38.5mg、マグネシウム:4.4mg、ビタミンA:22.8μg、ビタミンB1:0.01mg、ビタミンB2:0.02mg、ビタミンC:0.56mg、ビタミンE:0.27mg
成分表を見ると青汁成分よりも、難消化性デキストリンの方が多く配合されているのが分かりますね。
青汁を謳う商品であれば、できれば難消化性デキストリンよりも、青汁成分の方をメインに配合してほしいところではあります(汗)
ただ、だからといってダメぇ~っというわけでもなく、余計な糖分や最近流行りのフルーツ青汁なんかと違って人工甘味料なども配合されていないのはGOOD!
では、どのような成分がどういった特徴があるのか?1つずつ解説してきますね!

井藤漢方製薬 メタプロ青汁の特徴成分とは?

1,難消化性デキストリン

メタプロ青汁で最も配合量の多いメイン成分とも言えるのがコレ!

特保のお茶やコーラなどに配合されている成分で、よく「脂肪の吸収を抑える」などと宣伝しまくっていますね。笑

ただ、脂肪の吸収を抑える!というのも強ち嘘でも無く、実際に食事と一緒に難消化性デキストリンを摂取すると、「食後の中性脂肪の上昇を穏やかにする」という研究データもあるんです↓


出典:難消化性デキストリンのチカラ

更に!それだけには留まらず、「食後の血糖の上昇を抑える」という効果についても確認されています↓

出典:難消化性デキストリンのチカラ

食後の血糖値が上昇するとそれを抑えるために”インスリン”といホルモンが分泌されます。

ただ、このホルモンは別名「肥満ホルモン」とも呼ばれている成分で、脂肪を溜め込む原因とも言われているんですね。

つまり!血糖値上昇を抑える事で、インスリンの分泌量を抑える事ができ、肥満防止につながると・・・

私のようにメタボ体質が気になっている人にとっては神のような存在です。笑

ただぁし!当然ではありますが、これを飲んだからと言ってみるみる痩せるなんてことはありえません。

摂取カロリーよりも消費の方が上回らなければ、体重が減るなんてことはあり得ませんので、過度の期待は禁物。

あくまでも、食生活や生活習慣を改善した上でサポート的に摂取するべきですね。

2,大麦若葉末

メタプロ青汁の中で、最も配合量の多い”青汁成分”がこの大麦若葉という成分ですね。

青臭い青汁成分の中でも、比較的青臭さが少なく飲みやすいのが特徴。最近は大麦若葉の青汁ばかりになってきました。(汗)

で特徴としては栄養成分が豊富なのはもちろんですが、”SOD酵素”という人の老化の原因と言われている”活性酸素”を抑えてくれる成分が多く配合されている点ですね。

更に!それだけじゃあ無く、「大麦若葉を配合した青汁を8週間飲み続けたところ、”体脂肪率低減”が有意に認められた。」というデータもあるんです↓

健常者及び便秘傾向(一週間の排便回数が3~5 回程度)の成人男女32 名を対象
に、本食品を一日6 g、12 週間摂取させる連続摂取試験(オープン試験)が実施された。
その結果、摂取前と比較して、体重及びBMI は摂取4 週間後及び摂取終了4 週間後で有意な高値を示し、体脂肪率は摂取8 週間後で有意な減少が認められた。収縮期血圧及び拡張期血圧は摂取4 及び12 週間後に有意な低値が認められ、拡張期血圧は摂取終了4 週間後でも有意な低値を示した
出典:特定保健用食品評価書 大麦若葉粉末 - 食品安全委員会

まさに、、、まさに!私のメタボ腹を助けてくれる救世主ッ!

っと言いたい所ですが、やはり生活習慣を改善しないと、これだけで痩せるなんて事はありえません。

現に青汁を飲み続けている私も、初期の頃は「青汁を飲んでいるから大丈夫だろっ!」っと好き放題食べまくっていたら余裕で+6キロくらい太りました(涙)

あくまでも、他のダイエット施策のサポートと考えるべきですね。

もう一つが”便通改善”が期待できるというデータ↓

こちらも大麦若葉が配合された青汁を飲み続けて、”排便回数”や”排便日数”が有意に改善したとのこと。

まあ、こちらについても人によって体質に個人差があるので、皆が皆実感できるとは言い切れません。

ただ、私自身は青汁を飲み続けて、一度も便秘などに悩まされたことが無いのは事実。なのでこれからも大麦若葉を拝みながら、信じて飲み続ける事にしています。笑

3,桑の葉末

栄養成分が豊富な青汁成分と言えば”ケール”が有名成分ですが、、、そのケールよりもううばい栄養価が高い!と言われているのが”桑の葉”です。

下のデータを見てもらうと分かるのですが、記載している全ての成分が数倍以上もの栄養価になっています↓笑

出典:太田胃散 桑の葉青汁

鉄分55倍?!もはや数字がぶっ飛び過ぎていて、チート級です。カルシウムはケールでさえ、牛乳の2倍のカルシウムを含んでいると言われているのに、桑の葉は更に12倍。

そして!ただ栄養価が高いだけじゃあなく、血糖値が抑えられたという研究結果も発表されていたりします↓

出典:1-デオキシノジリマイシン高含有桑葉エキスは食後の血糖値上昇を抑制する

ただ、これだけ見ると「桑の葉青汁最高じゃんっ!」っと興奮して今にでも桑の葉を購入したくなりますが・・・

他の青汁成分に比べてかなり味にクセがあります。(汗)

味の好き嫌いは個人差がありますが、私が飲んだ限りだと青臭いと言われるケールよりもマズイです。

「良薬は口に苦し」っと言いますが、青汁は飲み続けなければ意味が無いのでこのマズさはちょっとネックですね。

成分の総評

成分的には何も文句がありません。しっかり青汁成分は配合されていますし、フルーツ青汁みたいに余計な糖分なども無しっ!

麦芽糖などの天然の甘味料すら配合されていないのがちょっと怖いですが・・・

あえて、難癖をつけるなら難消化性デキストリンよりも、大麦若葉などの青汁成分をメインにして欲しいところ。

脂肪の吸収を抑えると言っても、青汁を飲む人は「野菜不足を補いたい」というのもあるので、青汁成分をメインにしつつ難消化性デキストリンを配合して頂ければ最高だったかなぁ?と。

※上記の成分&口コミはあくまでも成分の特徴を紹介しており、商品の効果を保証しているわけではないのでご注意くださいね。

【試飲レビュー】独断と偏見まみれの”味”評価。

成分と同じくらい重要なのが、”味”。いくらスンバラシイぃぃ!成分だけで構成されてても、味がマズすぎたら習慣的に飲み続けられません。

「習慣的に飲めない青汁に価値はないッ!」というのが私の理念です。健康に良いと言っても、たった数杯飲んだだけじゃあなんにも意味がありませんからね。

っという事で青汁を100種以上飲んだ私が独断と偏見で味を評価していきます。

まずはパッケージをチェック。「脂肪の吸収を抑える、糖の吸収を抑える」っとデカデカと書かれています。知人の前で飲むのはやや恥ずかしい・・・かな?

コップに粉を注いでみると、「うわッなんじゃこれ!」っと呟いてしまうほど、溶けにくそうな粉末が現れました。

水を注いで、一生懸命かき混ぜているのですが、なっかなか混ざらない・・・私も数々の青汁をかき混ぜて来ましたが、ぶっちぎりで混ざりにくさナンバー1です(汗)

何とか混ざりましたが、めんどくさすぎますね・・・これが私が考えうる”メタプロ青汁の致命的な弱点”です。

画像だと分かり難いですが、結構粉が沈殿しています。う~む、水を入れたらすぐに飲まないと駄目そう。

かなりの溶けにくさで、めちゃめちゃ”ダマ”になりやすいです。もう、この時点で飲み続けたいとは思えませんでした・・・

「毎日、毎日この作業をするのか?!」っと思うと、めんどくさすぎるッ!まあそれはさておき、、、味を評価していきます。

まずは香りを嗅いで見る、う~ん。普通に青臭いですね。本格的な100%青汁よりはかなり青臭さは抑えられていますが、ふわっと青汁特有の臭さが漂ってきます。

ただ我慢できないレベルではないですね。

そして口に含んみると、、、「うおっ!ザラッとするっ」と叫びそうになるほどのザラザラ感。

恐らく、粉がかなり溶けにくいので、ちゃんと溶け切れない粉がダマになって舌の上をザラザラ~っと通過している模様。

ハッキリ言って、かなり不快な飲み口です(汗)

肝心の味に関しては、難消化性デキストリンの配合量が多いためか?かなり、かなり薄味の青汁を飲んでいるような味。

味自体はそこまでクセが無く、メチャクチャ薄めた青汁って感じですね。美味しくは無いですが、飲めない事は無いです。

最後に青汁嫌いの辛口妻にも試飲レビューしてもらいました。

辛口妻のレビュー
匂いは青臭い。味はかなり薄い青汁って感じ。

私が感じたよりも青臭さを感じたみたい。ただ、うっすーい青汁味っという点では意見が一致しました。

初心者さんでも飲めなくは無いですが、かなりザラつきがあるので飲み続けたいとは思えないかなぁと。

コスパは良いの?価格を徹底調査

味と成分と同じくらい重要なのが”価格”価格が高ければ、継続できません。特に私のような一般ピーポーには価格は重要な指標になります。

商品名 井藤漢方製薬 メタプロ青汁
価格 通常購入:3,240円

1杯辺り:108円

Amazon価格:約1304円

1杯辺り:約43円

※ 全て税別

容量 8,5g×30包

通常価格に関しては一箱3240円で1杯辺りが108円程度と、本格青汁としてはちょい安くらいの価格設定です。

ただし!私がAmazonでチェックした時点ではありますが、Amazon価格だと半額以下の1304円で購入することが可能。これだと1杯43円という悪魔的な安さで買えちゃいます。笑

Amazonの場合、まれにではありますが賞味期限間近の物や、箱がボッコボコになっている商品が送られてくる可能性もあります(汗)

殆どの商品は公式が販売しているわけじゃないので、仕方ないですがそういうのが気にならない人はAmazonで購入するのが良いかもしれません。

【結論】ぶっちぎりの溶けにくさと、飲み口の悪さ!

青汁成分が少ないのが気になるものの、成分的にはなにも問題無しっ!味を調節する、糖分や人工甘味料すら配合されていませんからね。

味に関しては、決して美味くは無いですが、かなりかなり薄い青汁を飲んでいるみたいなので、「飲むのが辛い」ということは無さそう。

ただぁし!問題は溶けにくさです(汗)もうね。私が今までかき混ぜてきた青汁の中でぶっちぎりで溶けにくいです。

一回、一回は気にならないですが、365日毎日この作業をすると思うと、、、私なら面倒くさくなって挫折すると思います・・・

そして、溶けにくさの為か飲み口もザラッザラでこれがかなり不快。

この2つさえ克服できればそこそこオススメの青汁にはなりそうですが、この混ざりにくさは致命的ですね。

もし、あなたが『メタプロ青汁』を検討しているなら是非参考の1つにして頂ければ幸いですm(_ _)m

本当に体に良い青汁を探しているあなたへ

同じ青汁でも、人工甘味料や糖分が配合されまくっている青汁は多いんです。
フルーツ青汁=ほぼ砂糖水!ダイエット効果が無いと言える5つの理由とは?
100種以上の青汁の飲み続けて辿り着いた、私がオススメする青汁はコレ!
【成分解析】激ウマなのに低価格!「ドクターベジフル青汁」試飲レビュー!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事