【口コミ】完全に抹茶の味!「毎日1杯の青汁紙パック 無糖」購入レビュー!

今回は伊藤園さんが販売している『毎日1杯の青汁紙パック 無糖』の成分を解析&本当に飲み続けられる味なのか?!を徹底レビューしていきたいと思います。

結論から言ってしまうと、この青汁。あなたが青汁初心者さんなら超オススメ。

っというのも青汁なのにかなり、かなり、かなり!飲みやすいんです。笑 私も今まで100種以上の青汁を飲んできましたが、飲みやすさではトップレベルなのは間違いないです。

ただ、飲みやすいのは間違いないのですが「ここが残念!」っと言う所もありますので、その点も紹介していきますね!

本当に体に良い青汁を探しているあなたへ

同じ青汁でも、人工甘味料や糖分が配合されまくっている青汁は多いんです。
フルーツ青汁=ほぼ砂糖水!ダイエット効果が無いと言える5つの理由とは?
100種以上の青汁の飲み続けて辿り着いた、私がオススメする青汁はコレ!
【成分解析】激ウマなのに低価格!「ドクターベジフル青汁」試飲レビュー!

【成分&口コミ】毎日1杯の青汁紙パック 無糖

原料成分
水溶性食物繊維、大麦若葉粉末、緑茶粉末、ケール汁、亜鉛酵母、寒天、植物性乳酸菌粉末(殺菌)/増粘多糖類、ビタミンE
栄養成分
エネルギー:16kcal、たんぱく質(0.6g)、脂質(0g)、炭水化物(5.9g(糖質1.0g、糖類0g、食物繊維3.7~5.6g))、食塩相当量(0~0.12g)、亜鉛(5.9mg)、カリウム(17~133mg)、カルシウム(3~19mg)、鉄(0.1~0.9mg)、ビタミンE(8.2mg)、ビタミンK(9~161μg)、葉酸(2~24μg)、カフェイン(11mg)
成分表を見ると最も配合量が多い成分が青汁じゃなく、”水溶性食物繊維”になっていますね・・・
この毎日1杯の青汁で最も残念な点がコレです。青汁いうネーミングで販売してはいるものの、最も配合量の多いメイン成分が食物繊維なのはちょっと微妙です。
っというのも青汁にチャレンジしたい!と言う人の中には「野菜不足を補いたい」と言う人も多いのです。
が、食物繊維がメイン成分だと野菜不足を補うにはちょっと物足りない!っというのが正直なところ。
ではこの毎日の1杯青汁無糖にはどのような成分が配合され、どのような特徴があるのか?!を1つずつ解説していきますね!

毎日1杯の青汁紙パック 無糖の特徴成分とは?

1,大麦若葉粉末

2番めに多く配合されているのが、青汁成分である”大麦若葉”という成分ですね。

ケールなんかの青クッサイ成分なんかよりも、青臭さが少ないので最近の青汁には殆ど含まれている成分です。っと言っても本当にマズイ青汁は大麦若葉でもマズイですが(汗)

で特徴としては活性酸素という老化の原因と言われる成分を抑えてくれる”SOD酵素”が多く配合されているのが1つの特徴。

そしてもう1つが”体脂肪減少”が有意に認められた!という研究データですね↓

健常者及び便秘傾向(一週間の排便回数が3~5 回程度)の成人男女32 名を対象
に、本食品を一日6 g、12 週間摂取させる連続摂取試験(オープン試験)が実施された。
その結果、摂取前と比較して、体重及びBMI は摂取4 週間後及び摂取終了4 週間後で有意な高値を示し、体脂肪率は摂取8 週間後で有意な減少が認められた。収縮期血圧及び拡張期血圧は摂取4 及び12 週間後に有意な低値が認められ、拡張期血圧は摂取終了4 週間後でも有意な低値を示した
出典:特定保健用食品評価書 大麦若葉粉末 - 食品安全委員会

大麦若葉青汁を8週間ほど飲み続けた所、体脂肪率減少が有意に認められた!という研究結果が発表されているんです。

っと言っても、青汁を飲んだだけじゃ間違いない痩せません(体験談)

人によって食生活や体質はまっったく違いますし、やはり摂取カロリーよりも消費カロリーが上回らなければ、体重は減りません(涙)

胡散臭い業者が「青汁で-10kg!」など煽り売していますがあくまでも、ダイエットのサポート的に飲むべきですね。

そして、最後が”便通改善”効果が期待できる!という研究結果です↓

排便日数や排便回数が有意に増加した!という研究データです。

もちろんこちらについても個々で体質の違いなどがあるので、必ず実感出来るとはい言い難いです。

が!青汁を飲み続けている私は便通で悩まされたことが一度もないのである程度、効果があるのかなぁ?と思って飲み続けています。笑

2,ケール汁

青汁の王様的成分とも言えるのがコレ!昔はよく「マズイ!もう一杯!」などとCMで流された青汁がありましたが、その青汁の主成分がこのケールです。

上記の大麦若葉よりもかなり青臭さがキツイのですが、その分栄養成分は豊富。

殆どの成分が他の野菜よりも栄養価が高いのですが、個人的に気になるのがカルシウム。牛乳の2倍もあります・・・笑

更に、更に!ただただ栄養価が高いってだけじゃああ無く、”メタボ改善効果”が有意に期待出来ると言った研究データもあるんです↓

・試験食品/キューサイのケール青汁(粉末タイプ)分包を1日2包(7g×2包=14g)摂取。
出典:生活習慣病に対するケール青汁の効果について

上記の研究によると80名もの被験者の方にケール青汁を飲み続けてもらった所、8週間程度で中性脂肪率や悪玉コレステロールが減少したという結果が発表されています。

これだけ見るとケールすげぇぇ!っと今すぐにでもケールを齧りたくなりますが、この実験ではあくまでも「ケール100%青汁」を飲んだ時のデータ。

今回の毎日の1杯青汁はそれほどケール成分は多く配合されていないと予想されますので、同じような効果は期待できないかなぁと思われます。

3,殺菌植物性乳酸菌末

乳酸菌と言えば、整腸作用が期待できると広く認知されている成分。基本的な乳酸菌の期待できる9つの働きが以下のもの↓

1. 腸内の腐敗を抑える。
2. 体を病原菌の感染から守る。
3. 腸の運動を活発にし、便秘を防ぐ。
4. 下痢の治療と予防。
5. ビタミンを生成する。
6. 血圧の上昇を防ぐ。
7. 免疫力を高める。
8. アレルギーの改善。
9. 中コレステロールの減少。
出典:植物性乳酸菌について

ただ、具体的にどのくらいの量の乳酸菌を摂取すると、どのような変化が現れるのか?っといった研究データなどは見つかりませんでした(汗)

広く知られている成分なので、なんら変化が無い事はありえないと思いますが、過度の期待はしない方が良さそう。

成分の総評

最近流行っている「フルーツ青汁」のように人工甘味料がタップリ配合されていたり、糖分がゴリッゴリに配合されているわけでもなく、シンプルで好印象な青汁です。

ただ、、、願わくば青汁を謳うのであれば、一番配合量の多い成分は青汁成分にして欲しいところですが、飲みやすさ重視なので仕方ないかぁ・・・

個人的にはもっともっと青汁成分が濃ければgood!だとは思います。が「飲み続けたい青汁ではないかなぁ」と言うのが成分を見た私の感想ですね。

※上記の成分&口コミはあくまでも成分の特徴を紹介しており、商品の効果を保証しているわけではないのでご注意くださいね。

【試飲レビュー】独断と偏見まみれの”味”評価。

成分の次に重要な点が味!何と言っても味!

っと言うのも青汁は1杯や2杯飲んだ所でいきなり体が健康になるわけじゃあありません。

毎日習慣的に、息を吸う用に歯を磨く用に365日間飲み続ける飲料です。つまり!味がマズかったら挫折します。挫折したら数杯の青汁代金は全て無駄になります。(涙)

「飲み続けられない青汁に価値は無いっ!」と言う私の理念の元、本当に飲み続けられる味なのか?試飲レビューしていきます!

紙パックなので、混ぜる必要が無いのがメリット。

「始めよう!青汁習慣!」う~む、できれば青汁成分をメイン成分にして欲しいのだが(汗)

やはり何度見ても、メイン成分は”水溶性食物繊維”ココだけが残念。

ストローを指すだけで即飲めるのは、小さいようでかなりでかいメリット。

まずは香り・・・を嗅ぎたいところなのですが、ストローなのでテイスティングできない!

ただ、一生懸命ストローの先を嗅いでみましたが、嫌らしい青臭さなどはほぼ皆無なのは間違いないです。

口に含んで見ると、、、「うおっ!マジでサラっサラじゃないか!君!」っと紙パックを褒めたくなるほどすっきりサラサラしています。

本格的な青汁になればなるほど、どうしてもザラザラ感やドロドロ感が出てしまうので、逆に言うと青汁成分が少なそうだなぁ・・・と言う感じはしました。

そして!肝心の味!まっったく青臭さ0。断言できます。ほんのり抹茶の味を感じる程度で、全然青汁臭さがありません。心配になるほどに。

なんだか薄い抹茶を飲んでいる感じ。恐らく、何も言わずにコップに注いがれたらお茶だと思って飲み干してしまうかも。

そのくらい、飲みやすい青汁です。もし、あなたが青汁の臭さが苦手!だったり青汁初挑戦!っという場合でも間違いない飲み干せるかと!

最後に青汁嫌いの辛口妻にも試飲レビューしてもらいました。

辛口妻のレビュー
薄いお茶みたいので飲みやすい!

青汁嫌いの妻でも飲みやすい!っとお墨付きを頂けました。

うーん、これが飲めない人は他の青汁とかぜっったいに飲めないだろうなぁ・・・

コスパは良いの?価格を徹底調査

成分、味と同等レベルに重要なのが価格!切実ですが、いくら成分や味が優れていても価格が高すぎたら継続して飲めません。

特に私のような一般ピーポーには死活問題!

っというわけで、以下が価格になります↓

商品名 毎日1杯の青汁紙パック 無糖
価格 通常購入:約100円

Amazon価格:約79円

※ 全て税別

容量 200ml×1本

他の粉末青汁と違って、一般的なスーパーやコンビニの野菜ジュースが販売している辺りに置かれている事が多いです。

私が見かけた感じだと大体、100円前後で売られている事が多い印象。1日100円程度で青汁が飲み続けられるなら、間違いなく安い!っと断言できます。

胡散臭いボッタクリフルーツ青汁なんて1杯300円するものもありますので(汗)

そして!私が見た時点ではありますが、かなり安価で購入できるのがAmazonです。24本セットではあるものの一本辺り驚異の79円で購入することが可能!

これは安い。激安に分類される安さ!

もし、あなたの住居周辺でこの青汁が見つけられないのであれば、Amazonで購入するのも悪くないと思います↓

【結論】超初心者向け!飲みやすいが青汁が薄いかも・・・

私が飲んできた100種以上の青汁の中でもかなり飲みやすいのは間違いないです。

恐らくTOP10に入る飲みやすさなのは間違いないかと。かなりスッキリした飲み口でホントの本当に青臭さも0に近いので青汁超初心者さんでも飲めるはずっ!

ただし!やはり一番気になるのが青汁成分の薄さですね。

これだけサラッサラで殆ど青臭さが0に近いとなると、肝心の青汁成分はそれほど多くないと予想されます。成分表を見ても水溶性食物繊維が一番多い成分ですし。

「飲みやすさは素晴らしいけれど、野菜不足を補いたい人には不向き!」っと言うのが私の本音ですね。

もし、あなたが「野菜不足が気になる」と言うのであれば、もっと”青汁成分が濃厚に配合されている青汁”を選ぶことを強く強く推奨します。

いくら、飲みやすくても肝心の青汁の濃度が薄すぎたら意味ありませんので・・・

という事で「毎日1杯の青汁紙パック 無糖」を検討している人はぜひぜひ参考にしていただければ幸いですm(_ _)m

本当に体に良い青汁を探しているあなたへ

同じ青汁でも、人工甘味料や糖分が配合されまくっている青汁は多いんです。
フルーツ青汁=ほぼ砂糖水!ダイエット効果が無いと言える5つの理由とは?
100種以上の青汁の飲み続けて辿り着いた、私がオススメする青汁はコレ!
【成分解析】激ウマなのに低価格!「ドクターベジフル青汁」試飲レビュー!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事