【口コミ】まだ買うな!九州産のおいしい大麦若葉青汁を購入レビュー!

モリモリスリム青汁という商品を販売している会社ハーブ健康本舗の『九州産のおいしい大麦若葉青汁』の成分を解析&本当に飲みやすい青汁なのか?!を検証していきたいと思います。

っと言っても、本当に大麦若葉100%で余計な成分など一切入っていないのですけどね(汗)

ただ、この青汁をオススメ!とは言えないある理由があります。っという事で青汁を100種以上飲み続けた私がオススメできない理由、どのような味がするのか?を徹底解説していきます!

本当に体に良い青汁を探しているあなたへ

同じ青汁でも、人工甘味料や糖分が配合されまくっている青汁は多いんです。
フルーツ青汁=ほぼ砂糖水!ダイエット効果が無いと言える5つの理由とは?
100種以上の青汁の飲み続けて辿り着いた、私がオススメする青汁はコレ!
【成分解析】激ウマなのに低価格!「ドクターベジフル青汁」試飲レビュー!

【成分&口コミ】ハーブ健康本舗 九州産のおいしい大麦若葉青汁

原料成分
大麦若葉末
栄養成分

エネルギー:9kcal、たんぱく質:0.5g、脂質:0.1g、炭水化物:1.9g、(-糖質:1.0g -食物繊維:0.9g)、食塩相当量:0.003g亜鉛:0.1mg、カリウム:88mg、カルシウム:9mg、鉄:0.3mg、銅:0.01mg、マンガン:0.1mg、リン:8mg、ナイアシン:0.1mg、パントテン酸:0.04mg、ビオチン:0.8μg、ビタミンA:44μg、ビタミンB1:0.02mg、ビタミンB2:0.05mg、ビタミンB6:0.03mg、ビタミンC:5mg、

大麦若葉100%の表記通り、本当に大麦若葉のみしか配合されていません。しかも、大麦若葉は熊本で安心の国産。
じつは大麦若葉100%っと売り出している青汁の中には外国産の青汁もあったりするのでこの点は好印象。
ただ、本格的な青汁でも麦芽糖などの甘味料を配合して飲みやすく味を調整しているものが殆どなのですが、この青汁はそういったものも一切無しっ!
青臭さがが怖いところです(汗)
まずは唯一配合されている、大麦若葉の特徴を解説していきますね!

九州産のおいしい大麦若葉青汁の特徴成分とは?

1,大麦若葉

ケールなどの青臭い青汁成分よりも、青臭さが少なく飲みやすい!という事で最近の青汁には殆どこの大麦若葉が採用されています。

特徴としては老化の原因の1つと言われている、活性酸素をを抑えてくれる”SOD酵素”を多く配合しているのが1つの特徴。

そして!私のようなメタボ体質を気にしている人にとって朗報なのが体脂肪率が減少したという検証結果がある点です↓

健常者及び便秘傾向(一週間の排便回数が3~5 回程度)の成人男女32 名を対象
に、本食品を一日6 g、12 週間摂取させる連続摂取試験(オープン試験)が実施された。
その結果、摂取前と比較して、体重及びBMI は摂取4 週間後及び摂取終了4 週間後で有意な高値を示し、体脂肪率は摂取8 週間後で有意な減少が認められた。収縮期血圧及び拡張期血圧は摂取4 及び12 週間後に有意な低値が認められ、拡張期血圧は摂取終了4 週間後でも有意な低値を示した
出典:特定保健用食品評価書 大麦若葉粉末 - 食品安全委員会

大麦若葉の青汁を8週間飲み続けた所、体脂肪率減少が有意に認められたという研究データが出ているんです。

ただ、このような研究結果があると「よっしゃ!青汁飲んでれば痩せる!」っと勘違いしちゃいますが、食生活や運動習慣を改善しないとやっぱり痩せません(汗)

最近は青汁ブームというのもあるのでメーカー側が「青汁でー〇〇kg!」っと煽り売っていますが、あくまでもサポート的に考えるべきですね。

更にもう1つの嬉しい効果が”便通改善効果”こちらも私が適当に言っているわけではなく、このように検証した結果のデータが出ているんです↓

大麦若葉青汁を飲み続けた所、排便回数や日数が増加した!っと有意に認められたとのこと。

もちろん、こちらについてもあなたの体質によって効果が実感できるのか?!は大きく変わるので、ぜったいに実感できるとは言えません。

ただ、青汁を飲み続けている私や妻の場合ですが、一度のも便通の悩みを抱えたことが無いので、ある程度効果があるのかな~っと思って青汁を飲み続けることにしています。笑

成分の総評

何も文句の付け所がありません。。。もし、あなたが本格的な青汁を飲みたいっ!っというなら検討してもいいかと。

最近の胡散臭いフルーツ青汁なんかと違って、人工甘味料等も入っていませんし、飲み続けても問題なしっ!

ただ、、、気になるのが味!本当に大麦若葉しか配合していないので、ダイレクトに大麦若葉の臭みを味わう可能性があります・・・

っという事で次項では「本当に飲み続けられる味なのか?」を評価していきます!

※上記の成分&口コミはあくまでも成分の特徴を紹介しており、商品の効果を保証しているわけではないのでご注意くださいね。

【試飲レビュー】独断と偏見まみれの”味”評価。

成分がgood!でも味がマズかったら飲み続けられません。。。「どんなに優れた成分が配合されようとも、飲み続けられなければ意味が無い!」っというのが当ブログの理念の1つ。

っというのも、青汁ってマズいものが殆どなので、途中で挫折しちゃう人が多いんですよね(汗)

いくら体に良い!っと言ってもたった数杯飲んだだけじゃあ何の意味もありません。

っという事で青汁を100種以上飲み尽くした私が本当に飲み続けられる味なのか?!を全力でレビューしてきます!

まずはパッケージ。シンプルで何となくオシャレ。

粉を注いでみると、当然ですが濃い緑。大麦若葉のみだからか、粉がダマっぽくなっているのが気になる・・・

まぜまぜしていくと、、、うおっ!暗黒に近い緑になっていった!

混ぜ終わるとこんな感じ。明らかに他の青汁よりも濃厚なグリーンです。

透明度0。「私は全ての光を遮る」っと言わんばかりに濃厚な緑です・・・クッこれを飲むのかっ!

まずは香りを嗅いでみる、、、うーむやはり青臭い・・・大麦若葉100%だからしかたないですが、青臭いはふわ~っと漂っておりますね。

ただ、大麦若葉100%の割には思ったよりも青臭さは強くないです。あくまでも想像よりも、、、っという前置き前提ですが、それほど臭みは強くないですね。

同じ大麦若葉の青汁でも本当に臭い青汁はマズすぎて飲めないレベルのものもありますので(汗)
【成分&口コミ】人生で1番マズイ!「ヤクルトの国産ケール青汁」私の口コミレビュー!

恐る恐る口に含んでみると、クッ!やはり口いっぱいに青汁特有の青臭さが広がっていく!想像よりも粉っぽさが無いのが唯一の救いか・・・

そして、肝心の味ですが、当然ながら完・全に青汁の味。そしてやや苦味を感じます。

ただし!100%青汁の成分で作られている割には、それほど臭みが強くないですし”思ったよりは"飲みやすいです。

っと言っても、100%にしては飲みやすいだけなので、青汁が苦手!ッという人や青汁初心者さんには向いてないのは間違いないですね。

最後に青汁嫌いの妻にも試飲レビューしてもらいました。

辛口妻のレビュー
良くある青汁の味・・・青臭い。

う~む、私が飲んだ感じだと100%青汁にしてはかなり青臭さが抑えられている!っと思ったのですが、青汁嫌いからするとやはり青臭さは気になるみたい。

コスパは良いの?価格を徹底調査

成分と味と来たら最後は価格!どんなに内容がスンバラシイ青汁でも価格が高すぎたら意味が無い、、、っと言うか継続して飲み続けられないです。

っという事で九州産のおいしい大麦若葉青汁の価格がこちら↓

商品名 九州産のおいしい大麦若葉青汁
価格 通常購入:1,680

1杯辺り:56円

※ 全て税別

容量 3g×30包

国産大麦若葉100%なのにたったの1680円!!1杯辺りに換算すると驚異の56円ッ!これは安い。安すぎる。

本当に国産の大麦若葉なのか?っと問いたくなるほどの安さ。

ただし!Amazonや楽天などの大手通販サイトでみても、全く販売されていないんですよね(汗)

販売開始されたのが、2019年の1月16日なのでこの記事を書いてから半年程度しか経過していないのですが、もしかすると終売が近いのかも。

公式サイトで購入しようとしても、購入できませんし・・・

何か問題があったのか?生産が追いついていないのか?分かりませんが、継続して飲めない可能性がある以上、この青汁をオススメ!とは言えないですね。

【結論】100%にしては飲みやすいが、今後買えない可能性も・・・

青汁としては成分は何も文句無しっ!で味に関しても、100%の割には飲みやすい方。

更に販売価格も激安!なので、あなたが青汁に慣れていて本格青汁を探している!というならオススメ!と言いたいのですが・・・

執筆している時点では、終売が近い雰囲気なので今から購入することは全くオススメできません。

いくら自分に合っている青汁だ!っと思っても継続して飲み続けられなければ、何の意味もありませんからね(汗)

もし、あなたが今回の『九州産のおいしい大麦若葉青汁』を検討しているなら別の青汁を強くオススメします。

本当に体に良い青汁を探しているあなたへ

同じ青汁でも、人工甘味料や糖分が配合されまくっている青汁は多いんです。
フルーツ青汁=ほぼ砂糖水!ダイエット効果が無いと言える5つの理由とは?
100種以上の青汁の飲み続けて辿り着いた、私がオススメする青汁はコレ!
【成分解析】激ウマなのに低価格!「ドクターベジフル青汁」試飲レビュー!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事