【口コミ】オススメできないある成分とは?「活性炭×青汁」を購入レビュー!

今回は日本薬健さんが販売している『活性炭×青汁レモンミント味』の成分を解析&試飲レビューしていきます!

普通の青汁と違って活性炭が配合され真っ黒な液体が特徴。なのですが、私はこの商品を青汁とは認めたくない・・・

っというのも私が嫌悪する太る原因とも言われている”ある成分”が配合されているんです。

ではある成分とは何なのか?!どのような人に向いた青汁なのか?!を青汁を100種以上のみつくした私が全力で解説していきますね!

本当に体に良い青汁を探しているあなたへ

同じ青汁でも、人工甘味料や糖分が配合されまくっている青汁は多いんです。
フルーツ青汁=ほぼ砂糖水!ダイエット効果が無いと言える5つの理由とは?
100種以上の青汁の飲み続けて辿り着いた、私がオススメする青汁はコレ!
【成分解析】激ウマなのに低価格!「ドクターベジフル青汁」試飲レビュー!

【成分&口コミ】日本薬健 活性炭×青汁 レモンミント味

原料成分
難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)、還元麦芽糖、ポリデキストロース(水溶性食物繊維)、大麦若葉エキス末(大麦若葉エキス、デキストリン)、有胞子性乳酸菌末、殺菌乳酸菌末、レモン果汁末、ペパーミント末、モリンガ末、殺菌ビフィズス菌末/着色料(鉄クロロフィリンナトリウム)、香料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、スクラロース)、植物炭末色素
栄養成分
エネルギー:9.4kcal、たんぱく質:0.1g、脂質:0.03g、炭水化物:2.7g(糖質:1.6g)(食物繊維:1.1g)
まず成分表を見ると青汁という商品にもかかわらず、最も配合量が多い成分が”難消化性デキストリン”というデンプン成分になっていますね・・・
この成分自体はなんら悪い成分ではありませんが、栄養摂取目的で青汁を飲みたい人からすると残念すぎます。
そして、パッケージには「黒の力」っとデカデカと書かれていますが、成分表を見ると活性炭らしい成分は一番配合量が少ない”植物炭末色素”のみ。
う~ん。これで”黒の力”を取り入れることって可能なんでしょうか?私には正直、他の青汁と差別化するために液体が黒くなる成分を配合しているようにしか見えない・・・
では、活性炭×青汁の特徴的な成分を1つずつ解説してきますね!

活性炭×青汁 レモンミント味の特徴成分とは?

1,難消化性デキストリン

青汁なのに最も配合量が多いメイン成分とも言えるのがこのデンプン成分。ただ、この成分自体は特保のお茶などにも配合され、よく「脂肪の吸収を抑える」っと紹介される成分。

もちろん、脂肪の吸収を抑える!なんて根拠も無しに販売することはできません。しっかり研究結果によって効果が”有意に認められる”というデータが発表されています↓


出典:難消化性デキストリンのチカラ

脂肪の多い食事と一緒に摂取することで食後の中性脂肪の上昇が抑えられる!というデータですね。

このようなデータを見てしまうと、私のようにメタボ体質を改善したい人はすぐにでも飛びつきたくなるはずっ!

が!当然の話ではあるものの、飲んだだけで痩せるなんてことはありえません・・・

摂取カロリーよりも、消費カロリーの方が上回らなければ、体重が減るなんてことはありえませんので。あくまでも、ダイエットのお供的に飲むのがBESTですね。

2,大麦若葉エキス

成分表から4番目でやっと出てきた青汁成分がコレ。上記のデキストリンや麦芽糖などよりも後に記載されているので、かなり成分濃度が薄いと予測されます。

青汁と言う商品なのに、麦芽糖などの甘味料よりも配合量が少ないって「コレ青汁なのか?」っというツッコミたくなりますが、大麦若葉自体は優秀な青汁成分です。

ケールなどの青臭い青汁よりも飲みやすい点と”SOD酵素”というアンチエイジング効果に期待できる成分が豊富に含まれていると言われています。

更に!個人的に最も嬉しいのが”体脂肪率減少”が有意に認められた!という研究データです↓

健常者及び便秘傾向(一週間の排便回数が3~5 回程度)の成人男女32 名を対象
に、本食品を一日6 g、12 週間摂取させる連続摂取試験(オープン試験)が実施された。
その結果、摂取前と比較して、体重及びBMI は摂取4 週間後及び摂取終了4 週間後で有意な高値を示し、体脂肪率は摂取8 週間後で有意な減少が認められた。収縮期血圧及び拡張期血圧は摂取4 及び12 週間後に有意な低値が認められ、拡張期血圧は摂取終了4 週間後でも有意な低値を示した
出典:特定保健用食品評価書 大麦若葉粉末 - 食品安全委員会

8週間ほど大麦若葉入りの青汁を飲み続けた所、体脂肪率減少が認められたとのこと。

まあ、こちらに関しても生活習慣や体質などによって大きく変わるので、飲んだだけで効果が実感できるとは言えません。

現に私自身、青汁を飲み続けていますが、飲んでいる”だけ”じゃあ痩せませんので(汗)

もし、あなたがダイエット目的で青汁を飲むのであれば、やはり食生活の改善や運動でのカロリー消費は必須だ!っとお伝えさせて頂きます。

最近は、「-10キロ達成!?」のようにダイエット効果を煽りまくっている青汁もありますが、飲むだけでは痩せませんので注意!

3,モリンガ末

奇跡のスーパーフード!とも言われている青汁成分がコレ。「奇跡のスーパーフードなんて大袈裟な!」っと思ったのですが

100g中に含まれる栄養素を調べてみると、本当にスーパーフードにふさわしい栄養価なんですよね↓

出典:モリンガ

青臭くてしかたがない”ケール”などの青汁成分よりも更に栄養素が豊富です。笑

以前当ブログで検証した日清さんが販売している「奇跡のモリンガ青汁」にメイン成分で配合されている成分ですね↓
【成分&口コミ】土っぽい味です…「奇跡のモリンガ青汁」を購入レビュー!

ただし!成分単体では素晴らしい成分なのは間違いないですが、今回の活性炭青汁にはかなり配合量が少ないと予想される(レモン果汁よりも少ない)

いくら100g中の栄養価が優れていようが、配合量が少なすぎたら何の意味も無い。

4,甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、スクラロース)

冒頭でお伝えした太る可能性がある私が嫌悪する”ある成分”とはコレェ!!人工甘味料ですね。

砂糖よりも数百倍の甘みがあるのでごく少量の配合で、甘みを加えられるのでほぼカロリー0と称されるのがこの成分です。

「ほぼカロリー0ならダイエットに良いじゃない!」っと思うかもしれませんが、実はこれらの人工甘味料は太る可能性がある!と指摘されているんです。

ネオテームやアスパルテームのような人工甘味料は、ダイエットには役立ちません。むしろ肥満になると言います。

人工甘味料は、糖分ではない為、血糖値は上昇しません。カロリーはほぼありません。しかし、脳は糖分が入って来たと判断するので、インスリンを分泌させてしまいます。インスリンには、脂肪の合成を促したり、脂肪の分解を抑える働きがある為、インスリンが分泌されると太りやすくなります。その上、カロリーがほぼない為、エネルギーに変換することが出来ず、低血糖になり、体はエネルギーを求めるようになります。結果、食欲が増進され、過食に走って、太っていきます。
出典:ネオテームは危険度MAXな人工甘味料か!?安全性は?

人工甘味料自体にはカロリーは無いのですが、「肥満ホルモン」とも言われているインスリンが多く分泌され、脂肪が蓄えられやすくなるというわけですね。

更に、インスリンが分泌されているのに栄養分は摂取できていないので食欲も増進させてしまうと・・・

正に私のようなダイエッターには恐怖とも言える成分です。

もちろん、数杯飲んだだけで直ちにぶくぶく脂肪が増えるなんて事は考えにくいですが、青汁は毎日習慣的に飲むもの。

365日体に取り入れるのにそのような人工甘味料を配合するなんて、、、私には考えられません(汗)

成分の総評

正直言って、これを青汁とは認めたくないです。パッケージには青汁!っと書かれていますが、青汁=健康に良いと言うイメージを利用してるだけにしか見えないんですよね。

肝心の青汁成分も一応入っていますが、成分表の多い順で4番目とかなりの少量です。

「活性炭は多く配合されているのかなぁ?」っと思いきや、ただ”植物炭末色素”という黒の着色料で染めていてるだけで活性炭と思われる成分すら配合されていませんでした・・・

そして、更にアスパルテームなどの人工甘味料。う~む、これは青汁というよりも”青汁風レモンジュース”と言った方が正しいですね。

※上記の成分&口コミはあくまでも成分の特徴を紹介しており、商品の効果を保証しているわけではないのでご注意くださいね。

【試飲レビュー】独断と偏見まみれの”味”評価。

成分と同じくらい重要なのが”味”です。いくら成分が優れていようが味がマズかったら継続して飲み続けられません。

「飲み続けられない青汁に意味は無い!」という当ブログの理念の元、独断と偏見で試飲レビューしていきます!

まずはパッケージ。シンプルだけど、分かりやすい。青汁っぽくないデザイン。

コップに粉を注いでみると、ウホッ!やはり粉の時点で黒っぽい!ゴマ塩みたいな色味ですね。

水を入れてマゼマゼしてみると、ウホッ!イカ墨レベルまで黒くなりました・・・

明らかにコーラなんかよりも黒い。もはや青汁じゃなくて黒汁。

やはり青汁成分が少ないためか、粉自体はかなり溶けやすいです。サラッサラの質感。

まずは香りをテイスティングしてみると、、、香りは完全にレモンジュースの香り。青汁の青臭さなどは微塵も感じません。本当にほんの0,1%も青臭さは無いです。

ちょっと黒すぎて口に入れるのが怖いのですが、口に含んでみる。

飲み口はかなりサラッサラで粉っぽさも全く無しッ!普通青汁というとどんなに溶けやすい青汁でも若干ザラつきとか感じるものなのですが、一切ザラつきなども無いですね。

そして、肝心の味ですがこれまた完・全にレモンジュースの味。もうね、これ青汁じゃないです。笑

パッケージに青汁と書かれていなかったら、本当にただのレモンジュースだと思って飲み終わってしまう。そのくらいレモンジュースの味です。

ぐぬぬ・・・悔しいけど青汁のなかでは飲みやすいのは間違いありません。あなたがレモン嫌いでも無ければぜっったいに飲めるはずです。笑

最後に青汁嫌いの妻にも試飲レビューしてもらいました。

辛口妻のレビュー
レモン味で美味しい!コレ本当に青汁?

やはり青汁感はまったく感じない模様。これを青汁と認めるかどうか?は別にして味だけで言えば、”飲みやすい”。これは間違いないです。

コスパは良いの?価格を徹底調査

最後に重要な項目が価格!いくら成分が優れていて味が美味しくても”価格”が高すぎたら継続して飲み続けられません・・・

活性炭青汁は一般のスーパー等でも販売されている青汁のようなので、お店によって販売価格が変わってきますが大体2000円程度で販売されている事が多いみたい。

Amazonで調べるとやはり2000円くらい↓

商品名 活性炭×青汁 レモンミント味
価格 Amazon価格:約1995円

1杯辺り:約66円

※ 全て税別

容量 3g×30袋

一箱30包で2000円ならかなり安い方ですね。1杯辺りの価格は66円!缶コーヒー0,5本分で健康が買えるならやすい!っと言えるかと。

ただ、「この青汁で健康が手に入るのか?!」っと言うと個人的にはかなり疑問ですが(汗)

もし、あなたが「人工甘味料等気にならない」「青汁成分はそれほど濃厚じゃなくてもOK」というなら試してみても良いかも。

【結論】飲みやすいが、これを青汁とは認めたくない・・・

今まで100種以上の青汁を飲んできましたが、、、この商品が本当に青汁と呼べるのか?!は別にして"味”だけで言えばトップクラスに飲みやすい味なのは間違いないです。

ただ、太る原因とも言われている人工甘味料を毎日、毎日体に取り入れ続けるなんて私はぜっったいに嫌ですね・・・

更に言うと「野菜不足を補いたい!」と青汁を検討する人もいるかと思いますが、この青汁には肝心の青汁成分もかなり少ないです。

”還元麦芽糖”や””食物繊維”よりも配合量が少ないって、これを青汁と呼んで良いのか?ちょっと疑問です。

あなたが「飲みやすい青汁が飲みたい!」っというなら、もっと青汁成分が濃厚に配合され、かつ激ウマな青汁もあります。

あえてこの活性炭青汁を選ぶ必要も無いかなぁと言うのが私の本音ですね。

活性炭×青汁を検討している人はぜひ、参考の1つにして頂ければ幸いですm(_ _)m

本当に体に良い青汁を探しているあなたへ

同じ青汁でも、人工甘味料や糖分が配合されまくっている青汁は多いんです。
フルーツ青汁=ほぼ砂糖水!ダイエット効果が無いと言える5つの理由とは?
100種以上の青汁の飲み続けて辿り着いた、私がオススメする青汁はコレ!
【成分解析】激ウマなのに低価格!「ドクターベジフル青汁」試飲レビュー!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事