【口コミ】口コミは本当?「ごくごく飲める毎日1杯の青汁」を購入レビュー!

日本人なら誰でも知っているであろう、伊藤園さんが販売している『ごくごく飲める毎日1杯の青汁』の成分を解析&青汁を100種類以上飲み尽くした私のが味をレビュー!してきます。

青汁としてはかなり珍しいペットボトルタイプの青汁なのですが、、、見るからに色が薄ッって感じなんですよね。

本格的な青汁だとかなり悪魔的に緑なものも多いのですが、こちらの青汁はかなり色が薄めなので「本当にしっかり青汁成分入っているのかな?」っと心配になりましたが、成分表をみて杞憂に終わりました。笑

ではどのような成分が配合され、どのような特徴があるのか?しっかり続けられる味なのか?全力で解説してきます!

本当に体に良い青汁を探しているあなたへ

同じ青汁でも、人工甘味料や糖分が配合されまくっている青汁は多いんです。
フルーツ青汁=ほぼ砂糖水!ダイエット効果が無いと言える5つの理由とは?
100種以上の青汁の飲み続けて辿り着いた、私がオススメする青汁はコレ!
【成分解析】激ウマなのに低価格!「ドクターベジフル青汁」試飲レビュー!

【成分&口コミ】ごくごく飲める毎日1杯の青汁

原料成分
野菜汁(大麦若葉、ケール)、抹茶、大麦若葉粉末、食物繊維、亜鉛酵母、寒天 / ビタミンC
栄養成分
エネルギー 0kcal たんぱく質 0g脂質 0g 炭水化物 0.8g、糖質 0g、糖質 0g、糖類 0g、食物繊維 0.2~1.0g、食塩相当量 0.06~0.19g、亜鉛 10.1mg、カリウム 15~111mg、カルシウム 2~11mg、ビタミンC 40~190mg、ビタミンK 4~52μg、葉酸 3~47μg、カフェイン 18mg
「ごくごく飲める」っという商品名なので「青汁初心者さん向けに糖分やら何やらがたくさん入っているのだろうなぁ」っと予想していましたが、そんな予想は見事に打ち砕かれました。笑
成分表を見れば分かる通り、最も配合量の多い成分はしっかり大麦若葉、ケールになっています。
最近は女性向けに飲みやすい「フルーツ青汁!」なんてものもありますが、青汁のくせに最も配合量が多い成分が糖分だったりしますからね。(汗)
成分だけみるとかなり本格的な青汁なので、本当にゴクゴク飲めるのか?がちょっと心配になりますが・・・(味評価は後述しますね)
まずは成分の特徴を解説してきますね!

ごくごく飲める毎日1杯の青汁の特徴成分とは?

1,野菜汁(大麦若葉)

野菜汁の中に記載されている成分の1つがこの”大麦若葉”という成分ですね。最近の飲みやすい系青汁に多く配合され、ケールや桑の葉成分よりも臭みが少ないので初心者さん向けの青汁成分だと言えます。

特徴としては、人間のの老化原因の1つと言われる”活性酸素”を低減すると言われる、”SOD酵素”が多く含まれている点です。

もちろん、だからといって若返るなんてことはありえませんが、青汁を飲み続けている私的には確かに以前より疲れにくくなったような・・・気はしています。笑

そして2つ目の特徴が”体脂肪率が減少”が有意に認められたというデータもある点です↓

健常者及び便秘傾向(一週間の排便回数が3~5 回程度)の成人男女32 名を対象
に、本食品を一日6 g、12 週間摂取させる連続摂取試験(オープン試験)が実施された。
その結果、摂取前と比較して、体重及びBMI は摂取4 週間後及び摂取終了4 週間後で有意な高値を示し、体脂肪率は摂取8 週間後で有意な減少が認められた。収縮期血圧及び拡張期血圧は摂取4 及び12 週間後に有意な低値が認められ、拡張期血圧は摂取終了4 週間後でも有意な低値を示した
出典:特定保健用食品評価書 大麦若葉粉末 - 食品安全委員会

8週間大麦若葉を摂取し続けたところ、BMI、体脂肪率の減少が有意に認められた。とのこと。

流石に人によって体質や食生活などが全く違うので、飲めば体脂肪率が減少するなんて事はありえません。

現に私は青汁を飲み続けていますが、食生活や運動など全くしていないので、体脂肪率はな~んにも変わっていません(汗)

あくまでもダイエットのサポート的な意味合いで飲むべきですね。

2,野菜汁(ケール)

そして、もう1つの青汁成分と言える物がコレ!”ケール”ですね。「マズイ!もう一杯!」のCMで有名になった某青汁の主成分だといこともあり、青汁の中ではかなり青臭さが強い成分です。

ただし!ただただ、青臭いってわけじゃあなく青臭い分、上記の大麦若葉などよりも栄養価が高いと言われているんです↓

出典:キューサイ ケール青汁公式より

ただ、マズイ!ってだけじゃあ飲みたくありませんが、他の野菜の数倍もの栄養価があると聞いたら、息を止めてでも飲みたくなりますね。笑

そして!もう一つの特徴とも言えるのが”メタボ改善”のサポートが期待できるといった研究発表ですね↓

・試験食品/キューサイのケール青汁(粉末タイプ)分包を1日2包(7g×2包=14g)摂取。
出典:生活習慣病に対するケール青汁の効果について

キューサイのケール青汁を飲み続けた所、コレステロールや中性脂肪値が有意に下がった!とのこと。

まあ、もちろん上でも説明したように人によって体質や生活環境は全く違うので、これを飲んだだけではぜっったいに痩せません(汗)

何度でも言いますが、私自信青汁を飲んだ”だけ”では痩せませんでしたので。。。あくまでもサポート。これだけは絶対に覚えておきましょう!

もう一つスゴイ特徴がケール青汁を飲んだことで”老化予防”が推測されたという発表もある点ですね↓

抗加齢QOL 共通問診票においては「動機」「息切れ」「口が渇く」「食欲不振」「胃が張る」「咳や痰が出る」「下痢」「便秘」「眠りが浅い」「ど忘れする」「問題を解決できない」のスコアが対照群と比較してケール群で有意に低かった。
[結論]ケール長期摂取の心身における老化予防効果が推測された。
出典:ケール長期摂取の身体機能老化度に及ぼす影響

私自信老化が予防出来ているような実感は今の所ありませんが、眠りが深くなったという点では、なんとなく効果があるような無いような・・・

一応、このような客観的なデータがあるのは事実なので、信じて飲み続けたいと思います。

成分の総評

ごくごく飲めるという商品名なので、フルーツやら人工甘味料やらぶっ込まれているだろうな~っと思ったのですが、成分も本当に本格的でした。(汗)

大体の青汁は”麦芽糖”などの甘味料を配合して飲みやすいように、味が調整されているものなんですが・・・

そういった成分も一切無しッ!流石、伊藤園さんです。

※上記の成分&口コミはあくまでも成分の特徴を紹介しており、商品の効果を保証しているわけではないのでご注意くださいね。

【試飲レビュー】独断と偏見まみれの”味”評価。

いくら成分がしっかりしていても、”味”がマズすぎれば飲み続けられません。

青汁はたった数杯飲んだだけじゃあ何の意味もありません。習慣的に飲まなければまっっったく意味が無いので続けられる味なのか?!という点はかなり重要なんです。

「続けられない青汁に意味はないッ!」という私の理念の元、青汁を飲み続けた私が独断と偏見で試飲レビュー!をしていきます。

「ごくごく飲める」っとデカデカと書かれています。ホントにごくごく飲める飲めるのだろうか・・・

後ろ姿。やはり「ごくごく飲める」らしい。

コップに注いでみると、このような感じ。う~ん、粉末系の青汁よりもかなり薄い緑です。

横から見てもやはり薄緑。一般的な粉末青汁よりも、水の量が多いのかも・・・

まずは口に含んで見る前に香りを嗅いで見る。ほぼ匂いは無し!ただ、、、ほんと~にほのかにですが”納豆的な香り”が香っているような気もする。

かなり微量ですし、決していや~な香りではないです。

そして肝心の味!かなーり薄味で殆ど無味!と言ってもいいくらいの薄味です・・・やはり薄めている水の量が多いのかもしれません。

青汁特有の青臭さもぜんっぜん無いので、「本当にコレ青汁なのか?」っと疑いたくなるくらいです。笑

そして、粉末青汁のデメリットとも言える粉っぽさも完全に0。私が飲んだ青汁の中でもかなりスッキリした飲み口です。

あなたが青汁未経験なら、かなり飲みやすいと思いますし、恐らくこの青汁を飲めない人はいないかと思います。

ただし!味がほんと~に薄いので「青汁を飲んでやったぜ!」っという満足感は皆無。

最後に辛口妻にも試飲レビューしてもらいました。

辛口妻のレビュー
クセが全く無い!匂いも味もほぼ無いけど、緑茶を飲んでいる感じで飲みやすい

やはりかなりの薄味という点では同意見でした。青汁嫌いの妻でも飲みやすい!っと言っていますので、初心者さんでもいけるはず!

コスパは良いの?価格を徹底調査

続いて味、成分と引き続き重要なのが、価格!どんなに素晴らしい成分と味でも続けられる価格じゃなければ、意味がありません。

ごくごく飲める毎日の1杯青汁はコンビニやスーパーなどでも購入できる青汁ですね。

商品名 ごくごく飲める毎日1杯の青汁
価格 希望小売価格1本辺り:139円

Amazon価格 24本入り:約2715円

1本辺り:約113円

※ 全て税別

容量 350g

公式サイトによると一本辺りは139円とペットボトル飲料としては、極平凡な価格。うん、これなら続けられる価格です。

そして、私が執筆している時点ではありますが、Amazonで価格を調査してみると24本入りで2700円程で販売されていました。

一本あたりは約113円!激安!ってほどではないですが、本格的な青汁の中ではやや安めかなぁと言った感じ。

最近流行りのフルーツ青汁の中には一杯300円もするようなボッタクリ青汁もありますからね(汗)

【結論】青汁初心者さんでもOK!気になる点が1つだけ・・・

成分は本格的な青汁成分がメインに配合されていますし、味に関してもかなりスッキリした飲み口で青臭さ0。

「ごくごく飲める」の商品名は嘘じゃありませんでした。笑 余程の青汁嫌いでも無ければ本当にゴクゴクいけます。

ただ、唯一青汁を100種以上飲んできた私が気になるのは「ペットボトル」という点ですね。

もし、ペットボトル系の飲料を飲み続けようと思って毎日飲むとなると、かなりかなりペットボトルの処分が煩わしいです(汗)

っという点を考慮すると、お家で毎日飲む分は粉末タイプ。出先や職場の休憩時間に飲むのがこの青汁。

といったように飲み分けすれば、一番ベストかなぁと思います。

もし、あなたがごくごく飲める毎日1杯の青汁を検討しているならぜひ参考にしてみてくださいね!

本当に体に良い青汁を探しているあなたへ

同じ青汁でも、人工甘味料や糖分が配合されまくっている青汁は多いんです。
フルーツ青汁=ほぼ砂糖水!ダイエット効果が無いと言える5つの理由とは?
100種以上の青汁の飲み続けて辿り着いた、私がオススメする青汁はコレ!
【成分解析】激ウマなのに低価格!「ドクターベジフル青汁」試飲レビュー!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事