【口コミ】中級者向けの味でした「金の青汁 25種の純国産野菜 乳酸菌×酵素」を購入レビュー!

25種類もの純国産野菜成分が配合されている『金の青汁 25種の純国産野菜 乳酸菌×酵素』の配合成分を解析&試飲レビューを全力でしていきます!

青汁成分のみじゃなく25種類もの野菜や乳酸菌、更には最近流行りの酵素まで配合されている正に金の青汁!って感じの商品なのですが・・・

肝心の”味”は結構マズイんです(汗)もし、あなたが青汁初心者さんなら、続けられない・・・かも。

っという事で青汁を飲み尽くした私が金の青汁がどのような特徴があって、どのような味なのか?!徹底解説してみますね!

【成分&口コミ】金の青汁 25種の純国産野菜 乳酸菌×酵素

原料成分
大麦若葉粉末(九州産)、水溶性食物繊維、還元麦芽糖、ケール粉末、黒糖、澱粉、パパイヤ抽出物、殺菌乳酸菌末(乳成分を含む)、野菜粉末(オクラ、キャベツ、ケール、ニンジン、カボチャ、ゴボウ、サツマイモ、サトイモ、シイタケ、ブロッコリー、アシタバ、アスパラガス、エダマメ、コマツナ、セロリ、ダイコン、ダイコン葉、タマネギ、パセリ、ホウレンソウ、レモン、レンコン)桑葉粉末、ニガウリ粉末、モロヘイヤ粉末、ボタンボウフウ(長命草)粉末、きな粉(大豆を含む)
栄養成分

エネルギー 9.3kcal / たんぱく質 0.9g / 脂質 0.2g /-飽和脂肪酸0.02g / -トランス脂肪酸 0g / コレステロール 0mg / 炭水化物 1.5g / -糖質 0.2g / -食物繊維 1.3g / 食塩相当量 0.002g / ビタミンB1 0.01mg / ビタミンB2 0.04mg / ビタミンB6 0.02mg / ビタミンC 1.1mg / ビタミンE 0.2mg / ビタミンK 81μg /ビオチン 0.7μg / 葉酸 16μg / ナイアシン 0.1mg / パントテン酸 0.04mg / カルシウム 12mg / マグネシウム 5mg / カリウム 72mg / リン 12mg / 亜鉛 0.1mg / 銅 0.03mg / 鉄 0.3mg / マンガン0.08mg / クロム 2μg

青汁らしい成分は『大麦若葉エキス末』と元祖青汁とも言える『ケール粉末』と『ケール』辺り。

青汁成分の中では飲みやすい『大麦若葉』がメインの成分になっています。

一応、ケールが配合されているのですが、飲みやすい味に調整するために、麦芽糖や黒糖を配合しているって感じですね。

ただ、ケール粉末が配合されているのに、更に野菜粉末内にもケールが配合されているのが気になります・・・青臭さが気になる予感。

では、金の青汁の特徴とも言える4つの成分について解説していきますね!

金の青汁 25種の純国産野菜 乳酸菌×酵素の特徴成分とは?

1,大麦若葉末

金の青汁のメインとも言える成分がこの『大麦若葉』という最近の青汁には殆ど配合されている成分です。

ケール系の青汁よりもかなり、かなり青臭さが少なく初心者さんでも継続して飲みやすいのが特徴。

栄養価が高いのももちろんですが、継続して大麦若葉を摂取することで、『体脂肪減少の効果』が期待できる!といった実験データも出ているんです。

もちろん、私が勝手に妄想を繰り広げているわけじゃなく、このように食品安全委員会から発表されています↓

健常者及び便秘傾向(一週間の排便回数が3~5 回程度)の成人男女32 名を対象
に、本食品を一日6 g、12 週間摂取させる連続摂取試験(オープン試験)が実施された。
その結果、摂取前と比較して、体重及びBMI は摂取4 週間後及び摂取終了4 週間後で有意な高値を示し、体脂肪率は摂取8 週間後で有意な減少が認められた。収縮期血圧及び拡張期血圧は摂取4 及び12 週間後に有意な低値が認められ、拡張期血圧は摂取終了4 週間後でも有意な低値を示した
出典:特定保健用食品評価書 大麦若葉粉末 - 食品安全委員会

もちろん、全く同じように効果が出るとは限りませんが、私のように「体脂肪が気になる!」という人が飲みつづけるのはアリかなぁと思います。

「青汁飲んでいるから勝手に痩せていくぜ!」っと思い込んで暴飲暴食したら即太りますけどね。(経験者談)あくまでも、サポート程度に考えるべきでしょう。

そして、もう一つ注目するべきなのは『便通改善効果』

こちらについても、以下のように客観的に排便回数、排便日数が有意に増加したという研究結果が出ています↓

出典:便通に及ぼす 大麦若葉搾汁粉末含有食品の影響

こちらに関しても研究結果と全く同じ条件が再現できるわけじゃないので、そのまま自分に当てはまるとは言えません。

が!もし、あなたが便秘にお悩みであれば飲み続けてみる価値はあるんじゃないかと思います。

2,ケール粉末

元祖青汁の成分がこのケール。栄養価が高く、抗酸化成分も多く配合されいてると言うことで青汁に多く配合されるのですが・・・

とにかく青臭いッ!!です。笑

某有名青汁の「マズイ!マズ過ぎる!」のフレーズで有名なキューサイの青汁はこのケール100%の青汁ですね。マズ過ぎる!っとCMで流しちゃうほどマズイのです。

しかし!マズイのは間違い無いのですが、青汁の成分の中ではトップクラスに優れた健康サポート効果が期待できるんです。

具体的に言うと、血糖値改善、中性脂肪減退、コレストロール減退などなどの”メタボリックシンドローム”の症状を改善をサポートするというような実験結果が出ているんです↓

出典:生活習慣病に対するケール青汁の効果について

あくまでも、健康食品なのでこれだけで痩せるなんてことはありえませんが、もし、あなたがメタボを気にしているなら継続して飲んでいくのはアリ!かと。

更に更に!これだけじゃなく、ぬぁんと!ケール青汁を1日一杯飲み続けた結果、「老化予防効果」が観測されたという論文も発表されているんです↓

抗加齢QOL 共通問診票においては「動機」「息切れ」「口が渇く」「食欲不振」「胃が張る」「咳や痰が出る」「下痢」「便秘」「眠りが浅い」「ど忘れする」「問題を解決できない」のスコアが対照群と比較してケール群で有意に低かった。
[結論]ケール長期摂取の心身における老化予防効果が推測された。
出典:ケール長期摂取の身体機能老化度に及ぼす影響

まあ、実験に使われたケール青汁と同容量が配合されているわけではないし、これだけ飲んでみるみる若返るなんてことはありえません。

ただ、かなり客観的なデータですし私はこの論文を見て「一生青汁を飲み続けよう」と心に誓いました。笑

青汁飲んでいるだけで、少しでもおじさん化が抑えられるなら儲けもんです。

3,パパイヤ抽出物

金の青汁のパッケージにデカデカと記載している『酵素』の正体がコレ。

パパイヤ由来の酵素成分は「コレステロール値を下げる効果」が期待できるという研究結果も合ったりします↓

血漿および肝臓コレステロールレベルに対するパパイン加水分解豚肉の影響をコレステロール強化食を与えたラットで調べた。低分子量画分のパパイン加水分解豚肉を給餌したラットでは、血漿コレステロール濃度、特にVLDLおよびLDLコレステロール濃度は、未処理の豚肉または大豆タンパク質を給餌したラットよりも有意に低かった(p <0.01)
出典:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8780972

ただ、この結果ではあくまでもラットでの実験データですし、人間が飲用した際に同様の効果が期待できるのかは分かりませんでした(汗)

どれだけ調べても客観的に「コレなら信じられる!」というデータがなかったので、気休め程度に考えておいた方が良いかも。
(もし、客観的なデータが見つかれば追記しますね)

3,殺菌乳酸菌末

整腸作用が期待されるのがこの『殺菌乳酸菌』という成分。乳酸菌によっては以下のように整腸が作用が有意に確認出来たという実験データも出ていたりします↓

加熱殺菌乳酸菌Enterococcus faecalis EC-12および乳果オリゴ糖をともに摂取した際,腸内環境が改善した
出典:腸内有用菌の生存維持におけるエラジタンニンの効果

しかしながら、今回の金の青汁に含まれる乳酸菌がどのような性質の菌なのか?が記載されていないので、同じような効果が期待できるのかは不明です(汗)

恐らく、多少は整腸作用がありそうな気もしますが、あくまでも青汁に含まれる1成分なので過度の期待は禁物かと思いますね。

成分の総評

飲みやすさ重視の『大麦若葉』をベースに青臭いけど、栄養価に優れた『ケール』を配合。

更に乳酸菌や酵素も配合して野菜粉末までも配合しているという、なんとも欲張りな成分内容です。笑

ただ、乳酸菌や酵素に関しては、客観的に何らかの効果が期待できるようなデータや資料などは見つかりませんでした(汗)

配合されていないよりも、配合されている方が良さそうには感じますが、個人的にはどっちでも良いかな・・・というのが本音。

総合的に見ると、大麦若葉やケール成分などはしっかり配合されているので悪くはないですね。

【試飲レビュー】独断と偏見まみれの”味”評価。

成分と同じくらい超重要ポイントが”味”です。どんなに優れた成分が配合されていようとも、肝心の味が自分に合わなければ続けられません。

続けられない青汁には何の価値もありません・・・たった一杯2杯飲んだだけじゃあ、なんの意味もありませんからね。

ということで、私のが実際に『金の青汁』を試飲レビューしてきます。

金の青汁の通り、パッケージからして真っ金金。これでもか!ってほどいろいろな成分がアピールされています。

中の粉末をコップに出してみるとこのような感じ↓うむむ・・・思ったよりも粒子は粗いです。

溶けやすさチェック!粒子が粗いので溶けにくそうな感じがしますが・・・

パット見た感じしっかり溶けている感じ、粉が固まったりとかはありませんでした↓

ただちょっと写真だと分かりづらいのですが、やや沈殿している印象は受けました。かき混ぜてすぐに飲めば問題ないかも。

そして、試飲レビューですが、飲む前に感じるのがふわ~っと香る”ケール独特の青臭さ”です。(汗)

「青臭くて飲めねぇ!」ってほどじゃあ無いんですが、飲む前からコップからふわ~っとケール臭が鼻をついてきます。

で、実際に飲んでみて一番最初に感じたのが「粉っぽいい!」

私自身、今まで数々の青汁を飲んできましたが、”金の青汁”の粉っぽさはかなり上位かと・・・

肝心の味に関しては、黒糖などが配合されているおかげかケール100%の青汁よりは飲みやすい。が!飲んでいると、やはりケールの青臭さが鼻をツンツンとついてきます(涙)

味自体はうっすーら甘みを感じる程度でかなり薄味なのですが、ちょっと匂いは青汁臭さがありますね。

青汁初心者の毒舌妻にも試飲レビューしてもらいました。

辛口妻のレビュー
粉っぽい!!マズイ!!旨味なし!!青臭い!!

言いたい放題ですが、初心者にはやや厳しい模様。。。個人的にはマズくて飲めない!って程ではなく、中級者向けって感じの味でした。

青汁初心者さんや青臭さが苦手な人はちょっと続けられないかも。

コスパは良いの?価格を徹底調査

いくら飲みやすくても、価格が高けりゃ続けられない!続けられなければ意味がない!っという事で価格を徹底調査しました。

金の青汁は通販限定などではなく、一般的なス-パーなどでも購入できる模様。私はネットでしか購入しないので、スーパーに置いているのを見たことがありません。

商品名 金の青汁 25種の純国産野菜 乳酸菌×酵素
価格 通常購入:1598円

1杯辺り:53円

Amazon価格:約1,216円

1杯辺り:約41円

※ 全て税別

容量 3,5g×30袋

青汁としてはかなり安い部類に入りますね。Amazonで価格を見ると通常価格が1600円程度になっていますが、ほぼ常に割引され1200円程度で購入できる模様。

※価格は変動するので、購入する際は必ずチェックしてくださいね↓

1200円程度で購入できるとすれば、一杯辺りの価格は41円程度。うん!安いッ!

1200円で30杯分入っていますし、コストパフォーマンスはかなり優秀かと思います。

【結論】中級者向けの味。マズイけど価格は安い。

成分と価格に関しては文句無しっ!です。青汁界の王様とも言えるケール成分を配合し、さらに25種類の野菜粉末。それに加えて乳酸菌や酵素までも配合されている欲張りな配合成分になってます。

逆に言えばあれもこれも配合しているので、それぞれの配合量が少ないとも言えるのですが・・・

そして価格に関しても文句無し!一ヶ月分、1200円程度であればコストパフォーマンスもぶっちぎりで高いと言えるでしょう。

しかし!一番の懸念点は”味”です(汗)

私と私の妻も今まで数々の青汁を飲んできたのですが、トップクラスでマズイです。っというか青臭さが強い!

まあ、ケール100%のガッチガチの青汁よりはマシではあるのですが、あなたが「青汁を続けられるか不安・・・」っというならちょっと続けるのは難しいかもしれません。

気になる!という方は一度、購入して味見してから続けるかどうか?決めるのでOKかなぁと。かなり安いですし。笑

っということでもしあなたが『金の青汁 25種の純国産野菜 乳酸菌×酵素』が気になっているなら参考にしてみてくださいね!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事