フルーツ青汁=ほぼ砂糖水!ダイエット効果が無いと言える5つの理由とは?

少し前からダイエッターをダーゲットにフルーツ青汁なる商品が流行りつつある。否!「ダイエットをサポート!ー10kg♡」等と効果なんか無いのに煽り売られている。

しかし!「フルーツ青汁にダイエット効果なんてあるわけ無いっ!」とネットの片隅で叫ばせていただきたいです。

青汁を100種以上飲み、成分を解析し続けた私から言わせるとフルーツ青汁なんて本当に砂糖水みたいなものです。言い過ぎでも何でも無く本当に。

では一体なぜフルーツ青汁はダイエット効果が期待できないのか?!断言できる5つの理由をあなたにお伝えさせていただきます。

本当に体に良い青汁を探しているあなたへ

同じ青汁でも、人工甘味料や糖分が配合されまくっている青汁は多いんです。
フルーツ青汁=ほぼ砂糖水!ダイエット効果が無いと言える5つの理由とは?
100種以上の青汁の飲み続けて辿り着いた、私がオススメする青汁はコレ!
【成分解析】激ウマなのに低価格!「ドクターベジフル青汁」試飲レビュー!

フルーツ青汁に効果がないと言える5つの理由

1.殆ど人工甘味料が配合されている

まずはコレだぁああ!殆どのフルーツ青汁には”アスパルテーム"をや”ネオテーム等の人工甘味料が配合されちゃっています。

これらの人工甘味料は砂糖の数百倍もの甘さがあるので、極々少量配合するだけで青汁に甘みが与えられるんですね。

ごく少量しか配合しないのでほぼカロリー0でも甘味が感じられるので、ダイエット系の食品や飲料に幅広く使われているというわけです。

もしかするとあなたは「カロリーが0に近いならダイエットに良いじゃん!」っと思うかもしれません。

が!実はカロリーは0に近くても「太る可能性がある」っと研究者さんから指摘されている成分でもあるんです↓

人工甘味料には主に3つの作用があります
①ホルモンに影響を及ぼして体内に脂肪を蓄える。②味覚を鈍化させる。③コカイン以上の依存性がある。
~~~~~~
そして、人工甘味料でもインスリンが分泌されることがわかっています。2013年の報告で、人工甘味料を飲んだ後にぶどう糖液を飲んだときのほうが、水を飲んだ後にぶどう糖液を飲んだときより血糖値のピークが高くなり、インスリンの分泌が20%高くなりました。つまり、「カロリーゼロ」もインスリンや血糖に影響しているのです。
出典:人工甘味料の3大恐怖、知らずに飲むな

成分自体のカロリーは0でも「肥満ホルモン」と呼ばれる、インスリンが分泌されてしまい脂肪を蓄えやすくなる体質になってしまう。

更に、カロリーが0なので食欲増進効果も指摘されているんですよね。しかも、コカイン以上の依存性って・・・

私も以前はダイエットコーク等の人工甘味料マシマシの炭酸飲料が大好きだったので、毎日1本ダイエットコークを飲み続けていましたが確かに依存性はかなり高かったように感じます(汗)

しかも!青汁は1週間に数杯のむわけじゃなく野菜不足を補うためや、食事と置き換えする為に習慣的に飲み続けるわけです。

そんな太る可能性が指摘されている成分が配合されている青汁を毎日、毎日365日飲み続けるなんて、、、怖すぎぃ!!

そりゃ痩せるわけありません・・・

もし、あなたが青汁にダイエットサポート効果を期待しているなら間違いなく、ぜっったいに人工甘味料無配合のものを選びましょう!

2,糖分がメチャ多い

本格的に青汁はかなり青臭くて飲みづらいです。その青臭さを誤魔化す為に、フルーツ青汁はメチャ糖分がぶち込んであることが多いんですよ。

もちろん、上記の人工甘味料も配合しつつ更に、麦芽糖や砂糖などの糖分を配合されているんです。

ここでは具体的な商品名は伏せますが以下は”とある人気フルーツ青汁”の成分表です↓

麦芽糖、大麦若葉粉末、クロレラ原末、クマイザサ粉末、明日葉粉末、野草発酵エキス末(デキストリン、オリゴ糖砂糖、てんさい糖、ヨモギ、その他)、穀物発酵エキス、乳酸菌末、海藻粉末、有胞子性乳酸菌、アサイー、アボカド、マキベリー果汁パウダー(マキベリー果汁、デキストリン、粉末もみがら)、クコの実粉末、アセロラ末、ザクロ果汁パウダー、アムラ抽出物

成分表は記載されているのが早ければ早いほど、その成分の配合量が多くなっています。

つまり!このフルーツ青汁の成分は最も配合量の多い成分は”麦芽糖”という糖分!青汁成分である”大麦若葉”なんかよりも糖分が多く配合されているってことです。

思わず初めてフルーツ青汁の成分を見たときは「ただの砂糖水じゃんっ!」っと叫びそうになりましたよ、ええ。

そして、成分表の続きを見ていくと他にも砂糖やオリゴ糖、てんさい糖などの糖分がゴリッゴリに配合されちゃっております。

もしかしたらあなたは「たまたまこのフルーツ青汁だけ糖分が多いんでしょ!」っと思われるかもしれませんが、成分表を見て下さい。

私が見た限り90%以上のフルーツ青汁はここまでではなくても、大量の糖分が配合されていますので(汗)

3,青汁成分が殆ど配合されていない

フルーツ青汁は飲みやすさばかりを重視しているせいか、肝心の青汁成分の配合量が少なすぎる青汁が殆どなんです。

以下はまた先程のフルーツ青汁とは別の商品ですが、成分表を見てもらうと↓

難消化性デキストリン、還元麦芽糖水飴、桑葉末、抹茶、デキストリン、砂糖、クマザサ末、モリンガ末、明日葉末、いちご果汁末、乾燥バナナフレーク、果糖、殺菌乳酸菌体、フカヒレコラーゲンペプチド、緑茶エキス、植物発酵エキス末、フルーツ・野菜エキス末(ぶどう、トマト、にんじん、ビルベリー、茶葉、グレープフルーツ、小麦麦芽、パパイヤ、パイナップル、いちご、りんご、アプリコット、さくらんぼ、オレンジ、ブラックカラント、ブロッコリー、キャベツ、玉ねぎ、にんにく、オリーブ、きゅうり、アスパラガス)、パン酵母(亜鉛、マンガン、銅、ヨウ素、セレン、クロム、モリブデン含有)、メロンプラセンタ抽出物、ブドウ糖、香料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)

もっとも配合量の多いメイン成分が”難消化性デキストリン”という食物繊維成分になっており、その次に多い成分も”還元麦芽糖”と言う糖分になっていますね・・・

そしてやっと3つめで青汁成分”桑葉末”が出てきます。

青汁を謳う商品なのに青汁よりも食物繊維の方が配合量が多いって、、、「もはや青汁じゃなくて青汁風ジュースじゃんっ!」っと小一時間ほど問い詰めたくなります。

もちろん、日本の法律では「青汁濃度◯%以上じゃないと、青汁と名乗れない」というものはないのです。つまり、ほんーのちょっとでも青汁を入れれば、青汁として売り出せるということです。

青汁成分が殆ど配合されていないのであれば野菜ジュースでも飲んだ方がマシだと思います。

4,モデルや芸能人を起用して煽り売っているだけ

フルーツ青汁はとにかくステマっぽい売り方が酷い(涙)

恐らく女性向けにスタイルの良い人気の女優やモデルさんを起用しているのでしょうけど、「フルーツ青汁で目指せ-10kg♡」的な文言をデカく載せて、モデルさんが青汁だけで痩せたようなイメージで煽り売っているのが目に余ります。

確かに青汁成分である”大麦若葉”や”ケール”などは「体脂肪率減少が有意に期待できる」と言った研究結果はあるにはあります↓

健常者及び便秘傾向(一週間の排便回数が3~5 回程度)の成人男女32 名を対象
に、本食品を一日6 g、12 週間摂取させる連続摂取試験(オープン試験)が実施された。
その結果、摂取前と比較して、体重及びBMI は摂取4 週間後及び摂取終了4 週間後で有意な高値を示し、体脂肪率は摂取8 週間後で有意な減少が認められた。収縮期血圧及び拡張期血圧は摂取4 及び12 週間後に有意な低値が認められ、拡張期血圧は摂取終了4 週間後でも有意な低値を示した
出典:特定保健用食品評価書 大麦若葉粉末 - 食品安全委員会

こちらの実験によると32名の男女に大麦若葉青汁を8週間ほど飲み続けてもらったところ、体脂肪率の減少が有意に認められた!というデータ。

ただし!このデータはあくまでも成分の殆どが”大麦若葉”の青汁を飲み続けた研究結果です。

前述した通り、私が見てきた殆どのフルーツ青汁は肝心の青汁成分が少なく、むしろ糖分や人工甘味料が多いので研究結果のような効果を実感するのは絶対に無理ッ!

そもそも、摂取カロリーよりも消費カロリーが上回らなければ、体重が減るなんてありえません。

もし、あなたが青汁にダイエット効果を期待するなら、普段の食事の1食を青汁に置き換えてカロリーコントロールする程度に考えましょう。

あくまでも青汁はサポートです。

5,とにかく高い

とにかく一番憤りを感じるのがコレ!殆ど青汁成分なんて入っていなく、ほぼジュースみたいなものなのにボッタクリレベルに価格が高い!とにかく高い!

仮にフルーツ青汁にダイエット効果が期待できようが高すぎたら継続して飲み続けられないです(涙)特に私のような一般ピーポーには死活問題。

例えば『めっちゃ贅沢フルーツ青汁』というフルーツ青汁ですが、ぬぁんと!!通常価格が税別9000円弱もします(汗)
【成分&口コミ】ネットの口コミに注意!「めっちゃぜいたくフルーツ青汁」を購入レビュー!

この青汁ならではの特別な製法だったり、この青汁ならではのスペシャルな成分が配合されているなら分かります。もしくは、内容量が3ヶ月分90包入りとかなら、まだ理解できます。

が、成分を見ても特にスペシャルな成分は配合されていませんし、内容量も普通の青汁と同じ30包。

もう滅茶苦茶な価格設定です(汗)1杯辺りに換算すると驚異の300円ッ!

毎日ドトールで優雅にコーヒーが飲めちゃうほどの高価格。流石にスタバでフラペチーノを毎日飲むのは無理ですが、2杯我慢すれば2日に一回フラペチーノが飲めちゃいます。

定期購入コースで購入すれば半額近い価格で続けられますが、「そもそも9000円もの価値があるのか?」が私にはかなり疑問です。

全てのフルーツ青汁が贅沢青汁のように高額なわけじゃないですが、ネットで「フルーツ青汁 ランキング」等と検索すると殆どが高額なフルーツ青汁を誘導しているので注意。

【結論】フルーツ青汁ではなく、飲みやすい青汁を選ぶべき!

もし、あなたが「野菜不足を補いたい」「ダイエットのサポートを期待している!」ならば安易にフルーツ青汁を選ばないで!!っと強く言いたいです。

私もこの世の中にある全てのフルーツ青汁を完全に網羅している!とは言えないですが、100種以上の青汁を飲み続けているのである程度の青汁の知識はあると自負しています。

フルーツ青汁の中にも安価で手に入りやすいものもあるにはありますが、とにかく青汁成分が薄い!というものが殆ど。

と言いますか、人工甘味料も糖分も配合されていないフルーツ青汁って見たことありません(汗)正直言って、こんな砂糖水みたいな飲み物でダイエット効果を宣伝して売っているのが理解できません。

フルーツ青汁を飲み続けるくらいなら、市販の野菜ジュースでも飲んだほうがマシかと・・・

そもそも、青汁を飲んだ”だけ”で痩せるなんて事は幻想にしか過ぎないですが、ダイエットのサポート的に飲むのであれば青汁成分が濃厚で人工甘味料が配合されていない青汁を選ぶべき。
ランキング記事などに誘導

何度でも言いますが青汁を飲んだ”だけ”では痩せませんが少なくとも、糖分や人工甘味料マシマシのフルーツ青汁を毎日体に入れ続けるよりは幸せになれるはず。

あなたがフルーツ青汁を検討しているならぜひぜひ参考にして頂ければ幸いですm(_ _)m

本当に体に良い青汁を探しているあなたへ

同じ青汁でも、人工甘味料や糖分が配合されまくっている青汁は多いんです。
フルーツ青汁=ほぼ砂糖水!ダイエット効果が無いと言える5つの理由とは?
100種以上の青汁の飲み続けて辿り着いた、私がオススメする青汁はコレ!
【成分解析】激ウマなのに低価格!「ドクターベジフル青汁」試飲レビュー!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事