【口コミ】ほぼ豆乳です「毎日1杯の青汁 紙パック」を飲んだ私の口コミ。

今回は伊藤園さんが販売している『毎日1杯の青汁まろやか豆乳ミックス』の成分を解析&本当に飲み続けられる味なのか?!を徹底検証していきます!

以前同社の似た青汁で『毎日1杯の青汁まろやか豆乳粉末』がありましたが↓
【成分&口コミ】糖分が多すぎ!「毎日1杯の青汁 豆乳ミックス粉末」を試飲レビュー!

今回はその商品の紙パック版です。「どうせ成分なんてほぼ一緒でしょ!」っと思いきや、、、成分からしてまっったく別の青汁なんです(汗)

では一体何が違うのか?どんな人が飲むべきなのか?!青汁を100種以上飲み尽くした私が解説していきますね。

本当に体に良い青汁を探しているあなたへ

同じ青汁でも、人工甘味料や糖分が配合されまくっている青汁は多いんです。
フルーツ青汁=ほぼ砂糖水!ダイエット効果が無いと言える5つの理由とは?
100種以上の青汁の飲み続けて辿り着いた、私がオススメする青汁はコレ!
【成分解析】激ウマなのに低価格!「ドクターベジフル青汁」試飲レビュー!

【成分&口コミ】毎日1杯の青汁 まろやか豆乳Mix 紙パック

原料成分
豆乳、糖類(砂糖、黒糖蜜)、大麦若葉粉末、ケール汁、ブロッコリー汁、緑茶粉末、亜鉛酵母、寒天 / 増粘多糖類、コーラルカルシウム、ビタミンE、ビタミンD
栄養成分
エネルギー 45kcal たんぱく質 1.3g 脂質 0g 炭水化物 9.6g  糖質 8.2g、食物繊維 0.5~2.9g、食塩相当量 0~0.03g、亜鉛 6.0mg、カリウム 30~195mg、カルシウム 110mg、鉄 0.2~1.4mg、ビタミンD 2.0μg、ビタミンE 9.2mg

もうね。成分表を見れば一目瞭然ですが、大麦若葉などの青汁成分よりも”豆乳””糖類”が多く配合されています。

うーむ。。。確かに大麦若葉やケールなどの青汁成分も配合されてはいますが、豆乳や糖分の方が多いって・・・これ豆乳ジュースじゃんッ!っと心の中で叫んでしまいました。笑

以前の粉末状の毎日1杯の青汁まろやか豆乳ミックス粉末バージョンも、糖分がかなり多かったのですが、今回の方がぶっちぎりで配合量が多いですね。
カロリーも45キロカロリーと普通の青汁の3,4倍くらいありますし(汗)
では、この青汁に配合される成分にはどのような特徴があるのか?!を解説していきますね。

毎日1杯の青汁 まろやか豆乳Mixの特徴成分とは?

1,豆乳

今回の青汁で最も配合量が多いのが豆乳。あえて私が説明するまでも無いですが、栄養成分が豊富なのはもちろん、”アンチエイジング効果”が期待できるとも言われていたりします。

豆乳に含まれる”サボニン”という成分が抗酸化力が強く、人間の老化の原因の1つと言われる活性酸素を抑えてくれる効果が期待できるとのこと。

ただ、豆乳を飲んでどの程度、アンチエイジング効果が期待できるのか?はちょっと謎。

理論的には確かに活性酸素を抑えて、老化現象を予防してくれるのは分かりますが、客観的な研究データ等は見つかりませんでした(汗)

過度に期待はしすぎないで、あくまでもサポートしてくれるくらいに考えておいた方が良さそう。

2,大麦若葉粉末

毎日1杯の青汁で最も配合量が多い”青汁成分”コレ!大麦若葉という比較的、青臭さが少なく飲みやすいと言われている青汁成分です。

最も配合量多い!っと言っても、豆乳どころか砂糖などよりも配合量が少ないのですが(汗)

ただ、成分単体で見るとかなり優良な成分。っというのも上記でも解説した人間の老化の原因である活性酸素を抑えてくれる”SOD酵素”を多く含んでいるんです。

更に!メタボ体質の私が最も興奮してしまうのが”体脂肪率減少”が有意に認められたという研究結果です↓

健常者及び便秘傾向(一週間の排便回数が3~5 回程度)の成人男女32 名を対象
に、本食品を一日6 g、12 週間摂取させる連続摂取試験(オープン試験)が実施された。
その結果、摂取前と比較して、体重及びBMI は摂取4 週間後及び摂取終了4 週間後で有意な高値を示し、体脂肪率は摂取8 週間後で有意な減少が認められた。収縮期血圧及び拡張期血圧は摂取4 及び12 週間後に有意な低値が認められ、拡張期血圧は摂取終了4 週間後でも有意な低値を示した
出典:特定保健用食品評価書 大麦若葉粉末 - 食品安全委員会

8週間ほど大麦若葉入りの青汁を飲み続けたことで、BMIや体脂肪率が有意に完全されたという研究データですね。

っと言っても、このような研究で飲まれているのは、もっと大麦若葉が高濃度の青汁ですし、今回のようにゴリッゴリに糖分が入っている豆乳青汁に当てはまるとは思えません(汗)

あくまでも、”成分単体で見れば”ダイエットサポート効果を期待しても良いかもね。っという感じですね。

3,ケール汁

次に配合量が多い青汁成分がコレ!元祖青汁成分とも言える”ケール”です。

上記の大麦若葉と比較すると、かなり青臭さが強くCMで「マズイッ!」っと言われてしまうほどですが、その分栄養素は豊富。

しかも!ただ栄養素が豊富なだけじゃあ無く、こちらに関しても”メタボ改善”が有意に期待できる!という研究データが発表されていたりします↓

出典:生活習慣病に対するケール青汁の効果について

私のように「メタボ体質をどうにかしたい・・・」という人にとっては、神の啓示のようにも見えるデータ!

ただ、こちらも上記と同じようにあくまでも、ケール100%の青汁を飲み続けた場合の結果なので、今回の青汁では同じような効果は期待できないかと・・・(涙)

成分の総評

最近、女性をターゲットに痩せる!っと煽り売りまくっているフルーツ青汁と違い、太る原因とも言われる人工甘味料が配合されていない点は◎

ただ、パッケージにデカデカと”青汁”と書かれている割には青汁成分が少なすぎぃ!っと思ったのが本音ですね。

「豆乳ミックス」っと記載しているので、本格的な青汁にちょっぴり豆乳が入っているかと思いきや、豆乳がメイン。

成分的に悪いものではありませんが、糖分も多すぎるしどちらかと言うと”青汁風豆乳ジュース”っと言ったほうが正しいかと。

※上記の成分&口コミはあくまでも成分の特徴を紹介しており、商品の効果を保証しているわけではないのでご注意くださいね。

【試飲レビュー】独断と偏見まみれの”味”評価。

成分と同じくらい重要なのが”味”いくら超健康に良いッ!っと言われる成分がたくさん入っていても、マズかったら習慣的に飲み続けられません。

青汁はたった1,2杯飲んだだけじゃあ、何の意味も効果もありません。365日、空気を吸うように習慣的に飲み続けないと、何も実感できないっ!っというのが私の考えです。

なので、「本当に飽きずに飲み続けられる味なのか?」は超重要・・・っというわけですね。青汁を100以上飲み尽くした私が試飲レビューしてきます!

パッケージをチェック。うーむ、やはりこれだけ見ると青汁がメインで豆乳がサブ的な成分に感じるよなぁ~

やはり何度見ても、豆乳が一番多く配合されています。

「始めよう、青汁習慣」これは完全に同意。

まずは香りを嗅いでみたい所ではありますが、紙パックなので香りはチェックできませんでした。

まあ、わざわざ紙パックからコップに注ぐ事もあるまいし、あえて香りを評価する必要も無いでしょう。ストローを挿してみましたが、まっったく香りはしません。

口に含んでみると、、、ほんの。ほんのすこー-しだけ粉っぽさがあるような感じもしますが、青汁の中ではトップクラスに飲みやすい飲み口!

青汁の中にはドロッドロしていて、のどや舌にへばり付くようなものもありますからね…

そして!味ですが、これがウマいッ!!青汁の中では間違いなく5本の指に入るであろうウマさッ!

豆乳のほのかな甘味とあっさり目の、黒糖の甘みがふわ~っと口に広がり、今まで飲んできた青汁100種以上の中でもトップクラス。

ただ、、、これ青汁っていうよりも豆乳ジュースです(汗)

成分からして豆乳がベースですし、糖分もゴリッゴリに配合しているのでウマいのは当たり前だとも言えます。

最後に辛口妻にも試飲レビューして貰いました。

辛口妻のレビュー
豆乳の味。これなら続けられる!

豆乳好きの妻にもかなり好評。成分が殆ど豆乳なので当然と言えば当然ですが・・・

青汁が苦手!ッという人でも豆乳が飲める人ならまず、間違いなく飲み続けられる味です。

コスパは良いの?価格を徹底調査

いくら飲みやすくても、価格が高けりゃ続けられない!続けられなければ意味がない!っという事で価格を徹底調査しました。

毎日1杯の青汁 (紙パック) は通販限定商品で無く、一般的なスーパーなんかでも購入できます。通販だと24本セットとかじゃないと買えないっぽいですね。

商品名 毎日1杯の青汁 まろやか豆乳Mix 紙パック
価格 通常購入:2592円

1杯辺り:108円

Amazon価格:約1903円

1杯辺り:約79円

※ 全て税別

容量 200ml×24本

販売しているお店によって販売価格は変わってきますが、大体1本あたり100円前後っぽいですね。

私もスーパーで100円で購入しましたので大体、100円程度の価格なのかと思われます。

ただぁし!執筆している時点ではありますが、Amazonで価格をチェックしてみると24本入りで1900円。一本あたり80円程度とかなりの激安価格で購入できます。

もし、あなたがこの青汁を飲んでみたい!っと思うなら、一度スーパーなんかで味見してみて続けられそうならAmazonなどで購入するのがオトクに続けられるかと。

【結論】青汁と呼べるのか?微妙ですが味は美味しいっ!

成分的にこの商品を青汁!っと呼べるのか?がちょっと微妙・・・青汁を飲みたい!ッという人は恐らく「野菜不足を補いたい」「糖分を抑えたい」という人が大半かと思います。

しかし!この豆乳ミックス青汁は、糖分が青汁成分よりも多く配合されちゃっていますし、ベースが豆乳です(汗)

う~む、、、味は確かにかなり美味しくて飲みやすいのですが、毎日毎日飲み続けたいか?!っと問われるとちょっと糖分の多さが気になります。

カロリーもやはり45キロカロリーとかなり高めですし。

これだったら、もっともっと青汁成分が多く配合されていて尚且、メチャクチャ美味い青汁もあるのでそちらでも良いかなっというのが私の心からの本心です。

もし、あなたがこの青汁を検討しているならぜひぜひ参考にして頂ければ幸いですm(_ _)m

本当に体に良い青汁を探しているあなたへ

同じ青汁でも、人工甘味料や糖分が配合されまくっている青汁は多いんです。
フルーツ青汁=ほぼ砂糖水!ダイエット効果が無いと言える5つの理由とは?
100種以上の青汁の飲み続けて辿り着いた、私がオススメする青汁はコレ!
【成分解析】激ウマなのに低価格!「ドクターベジフル青汁」試飲レビュー!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事